奇譚草紙

[ファンタジー]

122

19,158

44件のファンレター

奇譚――奇妙な味の短篇、あるいは変てこな短い物語を、ほろほろと書いてみようと思います。

※不定期連載です。

ファンレター

冒頭から面白い

 ワカメを頭に被った彼とぼーぜんとしている彼女。冒頭から笑ってしまいました。
 実は私も「純文学」への初恋は小学生の時に読んだ(読まされた)「檸檬」なのです。繊細で儚げな作者を想像し、子供心にうっとり……してました! つい今さっきまで(笑)。ツキノちゃんの気持ちが痛いほどわかります。ネットで見比べた二人のお顔を見て、確かに似てる~~~と大笑いしました。
 そして、びっくりのオチ。いや、幸せならば良いのです。ハードルは高い方が燃えるもの、頑張れ~と声援を送りたいです。
 軽妙で面白かったです!

 余談:コロナビールのビンの口に檸檬の輪切りを引っかけたの、私も大、大、大好物なのです。同名のウィルスのおかげで余波を受けなければ良いがと密かに心配していたのですが、時々スーパーで見かけるのでほっとしています。(酷暑の中でヒーヒー言いながら飲むのが好きです)

返信(1)

不二原さん、お読みいただきありがとうございます!
「笑った」と仰っていただき、とっても嬉しいです(*^^*)
アンデルセンの「人魚姫」って、王子はバカで浮気者のとんでもないやつだし、人魚姫だってナイフとか持ち出すし、なんかもう昼ドラのドロドロ世界ですよね!
それと、やっぱり作家の顔って重要だと思います!(私もツキノちゃんと同じく俗物ですw)
北杜夫さんとか、作品だけでなく、やっぱりあのお顔――やさしげで品のある二枚目であるところにも惹かれました、と正直に告白します(はは!)
……おおっ、不二原さんもコロナビール&檸檬がお好きだったのですか。私もツキノちゃんと同じで、やっぱりコロナビール&檸檬大好きです。実は台湾、この間まではちょっと気温が下がっていたんですが、昨日あたりからかなり暑いんです。それでつい自然にビールを飲む場面を書いてしまったのですが、日本だと今、たぶん季節ガン無視状態になってしまいますよね…と書いてから気づきました(汗)
一時期は、不二原さんの仰るように、ウィルスと同名というあおりを食らって、生産停止だったらしいですよね、あのビール。でも、最近は台湾のスーパーでも普通に売っていて、私もほっとしました(^^)/