第2話 鉄の処女Ⅱ

文字数 209文字

あの……

なんだ? 遠慮しないで言うといい
お近付きの印にハグしてもいいですか……?
駄目だ!
(迂闊にマントは広げられないからな)
そう……ですか……失礼します
ちょっと待て! そっちは拷問部屋だ! 出口はこっち……行ってしまったか
5分後
また迷子……
捕まえたぞ! さては脱走者だな!
ち、違います! 私はなにもしてません!
はいはい、囚人は皆そう言うの
離してください! ……ちょっと、どこに連れて行くんですか
(まさか……拷問部屋?)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公。孤児院で育ち、今は拷問師達のお手伝いとして雇われている。無表情だが、秘めた嗜虐性があり、実は一番拷問の才能があるのでは、と言われている。

鉄の処女(フラウ・アイゼルネ)。マントの素材を鋼鉄化、また形状を鋭利に変化させ、拷問を行う。そのため、常にマントを羽織っている。

石抱(ラージム)。体重を変化させ、相手の膝の上に乗ることで拷問を行う。彼女の本当の体重を知る者はいない。

鼠の箱(ディグ・ファンシー)。鼠を操り、かつては残虐な拷問を行っていた。その後、鼠を用いた、くすぐり専門の拷問師に。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色