08 守るためにしたことは【補足編】

エピソード文字数 3,432文字

「なにか言った?」

 振り返った花凛は、いつもと変わらない表情だった。
 結構デカい声で話してたつもりだったけど、聞こえてなかったのかな。

「いや」

 それならそうでいい。いや、その方がいい。俺は首を振る。
 犯人はお前だ――なんて、幼馴染に言いたい台詞じゃない。

「――なんてね」
「えっ」
「ちゃんと聞こえてたよ。わかっちゃったんだね……私がやった(・・・)ってこと」

 どこか寂しげに告白した花凛に、絆が信じられないというように目を見開いた。

「う、嘘だろ……?」

 俺も驚いた。
 適当に適当な推理を重ねただけだったのに、それが当たっていたなんて。

「――そっか! 花凛がここに帰ってきたのは一年ぶりだもんな。樫葉会長のこと知らなくて当然か」
「樫葉さんっていうか、町内会長が変わったこと自体知らなかった。でも、町内会長を《泥棒》と間違えるなんて……ひどすぎるよね、私」

 絆の呟きに、掠れた声で花凛が返した。
 つい一時間程前のことを思い出す。
 雪に埋もれた石段を上がっていたときのことだ。絆が滑り落ちたせいで、俺と奴は、石段を登り直すハメになった。その間も、花凛はひとり先にずんずんと登っていた。
 おそらく想像していたよりもずっと早く、花凛は頂上に着いていたんじゃなかろうか。
 そして――

「賽銭箱の前に誰かがしゃがんでいて……私には、それが鍵を壊そうとしているように見えたの。その途端カッときちゃって……」

 薄桃色の着物生地をぎゅっと握る。

「気が付いたら、大きい人が血を流して倒れてた。私とても怖くなって……これは夢なんじゃないか、って思った。でも、夢なんかじゃなくて現実で」

 倒れている会長を発見したとき驚いていたのは、まったくの演技ではなかったのだろう。

「だけど、目が覚めた会長は何も覚えてなくて……私がやった、って早く言わなきゃと思ってたんだけど……」
「本当のことを言えなかったのは、他に理由があるんじゃないのか」

 静かに尋ねると、花凛は気まずそうに目を伏せた。

「そういえば、凶器は?」

 とがった顎に手を当てながら、絆が疑問を投げてくる。

「だって花凛は何も持ってなかっただろ。凶器になるようなものなんて、現場には無かったし」
「いや、あっただろ。『石』が」
「ああ、『狛犬様の頭』か!」

 倒れた会長の頭の下に置かれていた石――狛犬像の欠けた頭部――のことである。

「狛犬様で会長を殴ったっていうのか? いや、違うな」

 喋りながら、絆は自分の考えを否定する。

「なぜなら、あれは偽装(・・)されていた」
「そう」

 なかなかに冴えてきた推理小説マニアに、頷いて見せる。

「会長自身が、狛犬様の頭をあそこに置いたということは考えづらいし、実際にあれが凶器として使われていたなら、被害者の頭の下に置く意味がわからない。
 ならば石が置かれていた理由はひとつ――会長が頭を打ったのは『石のせいだ』と錯覚させるため。つまり事故に見せかけるための偽装だ」

 結果的に、会長のコブが後頭部(・・・)でなく頭頂部(・・・)にあったことから、事故ではないということが判明したわけだが。

「実は、最初から妙だなと思っていたことがある。あの場には、絶対になくてはならないもの(・・・・・・・・・・)が無かったんだ」

 俺はちらと花凛を見る。赤い唇を結んだままでいる。

「無くてはならないもの?」
「会長は、除雪(・・)作業をしていたところを襲われたんだぞ。除雪に必要不可欠なものがあるだろう」

 絆が微かな呻きを漏らした。

「――スノーショベルか」

 雪かき用スコップ、ともいう。
 あの場には、スノーショベルもスノーダンプも存在しなかった。不可思議な状況と言わざるを得ない。

「でも、会長は参拝しようとしていたんだろ? そのとき、スノーショベルをいったん社務所に仕舞ったんじゃないかな?」
「会長は『除雪の途中(・・)、参拝しようと思いついた』と言っていた。作業途中に、わざわざ道具を仕舞う必要はないだろ。それに、社務所には()がかかっていたんだぞ」

 額のケガを応急処置するため、会長と門脇さんは社務所に入った。そのとき、会長はふところから鍵を出して、扉を開けていた。社務所の鍵は閉じられていたのだ。

「貴重品じゃあるまいし、鍵までかけて仕舞い込むっていうのは、不自然にも程がある。スノーショベルは元々あの場にあったんだろう――スノーショベルが凶器だったんだ」

 花凛は溜息を吐いた後、慎重に頷く。

「そうよ」

 振袖姿の娘が、ショベルを手に大男に襲いかかる。そんな場面を想像して鳥肌が立った。なんて非日常な光景だろう。

「凶器として使われたのに、あの場に無かったってことは……どういうことだ? 花凛がどこかに隠した……?」
「多分違うな」

 今度こそ、明らかに狼狽したように花凛は肩を震わせた。

「ショベルを隠しただけじゃない、狛犬様を会長の頭の下に置いたり……そんなことをする余裕が花凛にあったとは思えない。
 何故なら、花凛は間もなく(・・・・)俺と絆が上がってくることを知っていたから。だから、あれは他の人物の仕業だと考えなければいけない」

 スノーショベルが消えていたり、狛犬様の頭部が置かれていることに一番驚いたのは、花凛自身だったんじゃなかろうか――? そして、それをやったのは…… 

「門脇さん、だろうな」

 絆が息を吞むと同時に、脱力したように花凛がうつむいた。

「俺たちの後、境内に着いたように装っていたけど、本当は先に来ていて、花凛が会長を襲うところを目撃したんだろう。そして、行動を起こした。会長を襲った人物など最初からいなかった――ということにするため」
「……なんで。なんでよ」

 花凛が苦しげに呻いた。

「なぜって、それは――お前を」

 俺が話し終わるよりも前に、張りつめた表情のまま踵を返して、花凛は石段を駆け上がっていった。慌ててその後を追う。
 すごい早さだ。
 この運動神経の良さなら、動きにくい振袖姿でも会長を襲うことが出来ただろう。昔からそうだった。花凛は俺や絆よりも、外遊びが好きで運動が得意だったのだ。


 境内には、門脇さんがいた。
 先刻までその場になかった黄色いスノーショベルで、除雪作業の続きをしていたのだ。

「君たち……帰ったんじゃ?」

 ぎょっとした表情で、戻ってきた俺たちを見つめている。

「オジサン、どうして?」
「……」 
「どうして……私なんかを守る(・・)ために?」

 今にも泣き出してしまいそうな花凛を見てすべて悟ったのか、門脇さんは力が抜けたように破顔した。 

「決まってるだろ。それは、君がこの町の――西木幌の子だからだ」

 象のような目で、まぶしそうに俺たちを見回す。

「この町は、人がどんどんいなくなって、学校もなくなって、子どもなんて数人しかいなくなってしまった。君たちは、私たちにとって……いや町にとって、大事な、貴重な存在なんだよ。君らを守るためだったら、おれは、自分に出来ることなら何でもやる。町内会長なんて誰でも出来るからな。余所から来た人間よりも……君らのことが大事だから」

 小柄な老人の迷いない言葉に、絆と花凛は圧倒されたように押し黙っている。
 これを聞かされた俺たちは、いったい何を感じるべきなのだろう――?

 オジサンには申し訳ないけど、少なくとも俺は、愛郷心を揺さぶられたりしなかった。
 余所――か。その考えは間違ってるよ、門脇のオジサン。
 俺もついさっき、道外から移住してきたという樫葉会長に対して、同じようなことを思ってしまったけど。
 過疎化が進んだこの町がすべきことは、外からの人間やモノを積極的に受け入れることだ。そうしないと、この町は、本当に数年もしないうちに地図から消えてしまうだろう。

「また降ってきたか」

 しわがれた呟きに、灰色の雲で覆われた空を仰ぐ。
 真冬の西木幌は、放っておけば数日で雪に閉じ込められてしまう。
 市内で唯一、この町だけが豪雪地帯の指定を受けているのだ。

 まるで、外とを遮断するような雪の降りざまに、門脇さんが心底疲れたような溜息を吐いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み