プロローグ 三

文字数 396文字

「今、国からお知らせが届きました!えっと、明日臨時会見を行うそうです。内容はまだ知らせることは出来ないとのことです。」
渋谷のスクランブル交差点のビルの大画面に写されたニュース番組でニュースキャスターが慌てた口調でそう知らせた。
「えー今お知らせした通り臨時会見を行うそうです。明日朝9時からとのことです。なるべく国民全員に聞いて欲しく、明日の学校、会社などは原則午後からにするようにと送られてきました。」
周りでは明日学校や会社がなくなることに喜んでいるものやこのような知らせは初めてなので驚いているものもいる。
私、小川美沙もその一人であった。私は今大学3回生で経済学部に通っている。そして今はその大学に行く途中であった。

「おはよう。あの王様の会見気になるよね。」
「そうだよね。なんか何が起こるか怖いよ。あ、ごめん授業始まる!じゃあねー」
「そう、じゃあね。」
これ以降私と友人が会うことはなかった。




ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

小川美沙(私)

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み