稀音堂解錠録4 前 ~鍵師 稀音家旬之助と開かずの錠~

[その他]

2

1,982

0件のファンレター

ここは、古い和錠の解錠を専門に扱う鍵屋、「稀音堂」
今回の舞台は、戦国の世、信長・信忠親子が、京都入りの際に滞在場所として利用していた寺、妙覚寺。
開かずの錠を開ける鍵となる「椿の花びら片(箸置き)」を探すため、妙覚寺へ向かった旬之助だが、そこで出会った意外な人物と、関わることになってしまった解錠作業。そして、その場所に関係する悲しい過去が紐解かれてゆく――。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

稀音堂解錠録4 前 ~鍵師 稀音家旬之助と開かずの錠~

仁津木せのん  akaiookami

執筆状況
完結
エピソード
19話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
和錠, 寺, 霊, 信長, 猫, 椿花びら片, 開かずの錠, コメディ要素あり
総文字数
84,139文字
公開日
2023年10月28日 15:29
最終更新日
2024年04月13日 20:46
ファンレター数
0