武田泰淳の『わが子キリスト』、あるいは政治的人間の記録

[創作論・評論]

18

5,408

0件のファンレター

武田泰淳の『わが子キリスト』はイエスの父がローマ人であるという大胆な設定の小説です。ローマ人はイエスを利用してユダヤ支配を容易にしようと目論みます。しかし、ぁれはその思惑を超えてキリストとして振る舞っていき、ローマ人もそれに追随していくのです。本論は当時の地中海世界や宗教に関する豊かな知識と鋭い洞察に満ちたこの小説についての批評です。なお、これは2007年8月に脱稿した作品です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

武田泰淳の『わが子キリスト』、あるいは政治的人間の記録

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
6話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
武田泰淳, 地中海世界, イエス, キリスト教, ユダヤ教, ローマ, 復活, マリア, ユダ, 宗教
総文字数
20,511文字
公開日
2021年03月13日 19:58
最終更新日
2021年03月19日 15:00
ファンレター数
0