みすてりあす

[ミステリー]

56

4,092

4件のファンレター

五月のある日、わたし――東雲紬は、英国帰りの美しい男・小花井一京からの招待状を受け取った。
ミステリアスな館。美少女メイドに案内されて入った離れ座敷で、わたしは最上等の料理に舌鼓を打つ。
だが、のんびり食事を楽しんでもいられない。
なぜなら……
※表紙は、あままつ様のフリーアイコンを使用させていただきました。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

物語の世界が画となって鮮やかに展開されます

南ノさんの作品を拝読していつも思うのですが、つかわれる言葉がとても趣があって……。 初めて出会う言葉もいくつもあるので、その都度調べながら読ませていただいています。言葉の一つひとつにうっとりします。 一体、南ノさんの辞書にはどれほどの言葉が蓄えられているのだろう……。 その言葉たちを並べて世界を作り上げられる作業が、まるで美しい画を描かれているようです。 『みすてりあす』を読ませていただいて、場面が画となって鮮やかに展開されました。 「伝書〇〇」のところでもう作品世界にどっぷり。 何 ... 続きを見る

返信(1)

初めまして

佐藤子冬と申します。 先生の著作を初めて拝読させて頂きました。 「凄い人気度だ」と思いながら著作を拝読して驚きました。 まさかの吸血鬼物語。 赤川次郎先生の「魔女達の長い眠り」シリーズを脳裏に思い起こしました。 文体がとても流暢で難しい漢字も流れで大体把握出来る執筆力には感嘆するばかりです。 一言で言い表すのであれば「美しい物語だった」と言う印象でした。 ロジックエラーもなくミステリアスな雰囲気が引き寄せられる物語ですね。

返信(1)

ゴージャスに美しい!

 ミステリアスな美青年一京と美女(私の脳内画像ではゴージャス系に変換されました)のヒリヒリするような対決。用意された場面も、料理も南ノさんの美学を感じます。うっとりハラハラ、楽しませていただきました。「お題」を感じさせないほどすんなりと、でも印象的に使われていて、さすが〜〜!!

返信(1)

ドラマ化して欲しい

アクションがキレキレの美男美女キャラたちが、読んでいて楽しかったです! メイドさんもキュート♪ 登場人物の名前、舞台設計や衣装、調度品、お料理に至る細部まで、言葉のご馳走というか、見事な世界観にうっとり。ヒロインの武器がとても素敵でファンになりました。 3つのお題も完璧ですね。題名が“宇佐原市”に引き続き「おっ」となりましたよ。 『奇譚草紙』のエンタメ版のよう、ラストの切なさの余韻もよかったです(^^)

返信(1)

小説情報

みすてりあす

南ノ三奈乃  minano

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
【三題噺1】, ファンタジー, ミステリー, 恋愛, アクション
総文字数
4,714文字
公開日
2022年05月01日 15:50
最終更新日
2022年05月03日 22:11
ファンレター数
4