とある廃墟ビルディングにて~死の脱出ゲーム編~

[ホラー]

2

4,440

0件のファンレター

学校を終えて下校していた先輩後輩の女子高校生二人組が、新しく仕入れたばかりの奇妙な噂を話話していた。突然スマホが乗っ取られて、通常操作ができなくなるという。その間スマホは耳障りの悪い不気味なビープ音が繰り返し鳴り響き、謎のゲームに誘われるれるらしい。そのゲームへの招待を決して承諾してはいけないらしい。もしそのゲームの誘いに乗れば、逃れられない死の脱出ゲームに参加させられるというのだ。

突然スマホを何者かに乗っ取られ起こるというその都市伝説的事象は、どうやら彼女たちが通学で利用している村山台駅近辺で起きているという。後輩マユカの誘いに乗り、先輩ヨウコはその噂が本当かどうかを確かめようと思い当たる場所へと向かうことにしたのだが・・・。

登場人物

芹沢ヨウコ。都立雛城高校二年生。実質なにも活動していない茶道部所属。勉強は得意だが興味のある事しかやる気が起きないニッチな性格。根はやさしいがさばさばしているため性格がきついとクラスメートに思われがち。父親の影響ので懐疑派だが実はけっこうオカルトに詳しい。

唯々野マユカ。都立雛城高校一年生。性格は明るくルックスよき。故に男子生徒から人気がある。本人もそれを自覚するしたたかも備える。弓道部所属で、”赤い目の女”編と天国と地獄”編に出た水原レイカの部の後輩。適当に入った部なので、皆からそのうちやめるだろうと言われている。レイカつながりでヨウコと知り合い一部からバカ勇者と揶揄されるヨウコの気の強さとズバズハ物を言う性格に変なあこがれを抱き懐いている。

猫丸。村山台の若い地域猫。ナレーションができる猫である。

年老いた茶トラの猫。眼光鋭い強面の健在で未だに外猫のなかでも一目置かれた存在だ。猫丸の先輩的猫。

ヨウコの母。

水原レイカ。都立雛城高校二年生。芹沢ヨウコとは同級生で友人同士。弓道部所属して結構マジメにやっている。両親に大事育てられて性格は優しくおっとりしている。そのせいか素直過ぎてなんでも信じてしまう。ホラーは好きでも実は苦手だ。

ドローン

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

とある廃墟ビルディングにて~死の脱出ゲーム編~

Tadashi_Kimura

執筆状況
連載中
エピソード
5話
種類
チャットノベル
ジャンル
ホラー
タグ
オカルト, ホラー, 怪談, 黄昏症候群, 心霊スポット, 脱出ゲーム, 村山台駅, 幽霊, 呪術, 都市伝説
総文字数
19,694文字
公開日
2023年12月06日 02:37
最終更新日
2024年02月23日 14:25
ファンレター数
0