中野重治の『村の家』、あるいは転向の文学(1992)

[創作論・評論]

5

3,157

0件のファンレター

転向文学の代表作とされる中野重治の『村の家』をテキストに、吉本隆明や柄谷行人などの転向論を参照にしつつ、転向について論じる批評です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

中野重治の『村の家』、あるいは転向の文学(1992)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
8話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
中野重治, 転向, 柄谷行人, 吉本隆明, ニーチェ, 力への意志, 弁証法, 共産党, 福本和夫, ルカーチ
総文字数
30,711文字
公開日
2022年03月21日 13:52
最終更新日
2022年04月07日 09:00
ファンレター数
0