作品数7
総合評価数52
総合PV数67,606

作者ブックマーク

どろぼう猫さんのプロフィール

48歳の猫人間。自己の特性として『ADHD&スキゾフレニア(統合失調症)』を掲げ精神科に通う。大学生の頃、作家志望だった。今年はアルバイトをして、調理師への道を歩みたいと思っていたが早々と挫折し、A型作業所に通っています。なお、料理は継続中で、たまに妻と自分の分のお弁当も作ります。

どろぼう猫さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    クローン~悲しみと笑いの果てに~

    SF

    • 5

    • 1,569

    • 0

  • 一般小説

    統合失調症・三昧

    日記・個人ブログ

    • 18

    • 36,877

    • 4

  • 一般小説

    お仕事がんばるゾ

    日記・個人ブログ

    • 4

    • 4,392

    • 0

  • 一般小説

    神秘的な感情と、私と猫たちの生活について

    日記・個人ブログ

    • 4

    • 1,950

    • 0

  • 一般小説

    泡の国の姫君

    現代ドラマ・社会派

    • 4

    • 2,012

    • 0

  • 一般小説

    雷神の剣(カスウィザードの物語 その1)

    ファンタジー

    • 6

    • 11,145

    • 0

  • 一般小説

    無職日記

    日記・個人ブログ

    • 11

    • 9,661

    • 0

どろぼう猫さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • どろぼう猫さんへ

    私は貴方のファンです。 ただ、嫉妬心とか 色んな感情が出てきて 迷惑ネットユーザーになってしまったり 心が苦しくなったり して 読んだり見たりするのを 辞めてしまいました。 貴方は、近くに居ても 遠い存在のように 思うと辛くなるので 本当は、心を知りたかったのですが もう、無理なのかなと 内心諦めました。 嫉妬心の塊のような 私は、純粋なファンではないのです。 凄く凄く残念で 悲しいです。 終わってたんだなって 難しいことなんだな ... 続きを見る

  • 退屈しない生き方

    ADHDの特性 気が散るには 何かに没頭できない退屈が原因。 自分の興味に没頭するが 飽きてしまう気持ちが出てくる。 理解して分かったつもりになっているのかもしれないし 自分の限界を超えられないのかもしれない。 諦めてしまうことが早い。 退屈になりやすい体質といえる。 頭が良いなら尚更この傾向は高いのかもしれない。 貧乏ゆすりは退屈を紛らわせているのかもしれない。 退屈を長所に変えていく 特性として備えなきゃならない 自分の特性を愛する準 ... 続きを見る

  • 想像の世界

    想像力が乏かった昔 ある時に降ってきた想像により またまた想像力が乏しくて 恐怖から逃げ出した時 想像するのがとても怖かった時 想像を上手く使えない事 色々な事を考えて 想像し何かを形作ることより 自然と湧いてくる ものを想像したものだと 曖昧な世界に生きている事に いつか気がつくのかもしれない。 そうなると いかに想像して何かを成し遂げているのか という壁にぶち当たった時に 自分は、ただ思い描く ただ湧いてきた何かに支配されて ... 続きを見る

  • 愛する理へ

    意識することは、他者を意識しそこに存在しているというファーストステップの段階です。意識してなかったら、人とぶつかってしまいます。 意識すること、生きている存在しているそこにいる。それで安心することもあります。相手が安心できる人だと認識すると、好きになります。 人を好きになることは、素晴らしいこと。しかし、心配になること、不安に思うことが出てきます。それは、その人の言動に棘があったり、キツイ言い方だったり、態度が大きくて威圧感があったり、恐い容姿だったり、着てるものがおかしかったり、変だったり ... 続きを見る