作品数8
総合評価数78
総合PV数10,507

作者ブックマーク

髙橋 十五さんのプロフィール

先生の話をBGMに一文字ずつ世界を紡いでいた高校時代から、気付けば十数年。

リハビリがてら、ポツポツと書いております。
凡才遅筆ですが、お手柔らかにお願い致します。

髙橋 十五さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    或る夏

    学園・青春

    • 11

    • 539

    • 1

  • 一般小説

    羽化

    現代ドラマ・社会派

    • 15

    • 1,652

    • 1

  • 一般小説

    スターリング

    学園・青春

    • 7

    • 346

    • 0

  • 一般小説

    バックステージ

    学園・青春

    • 7

    • 337

    • 0

  • 一般小説

    透明人間の唄

    現代ドラマ・社会派

    • 9

    • 3,739

    • 0

  • 一般小説

    雨のち花嫁

    恋愛論・結婚

    • 14

    • 1,785

    • 1

  • 一般小説

    反省、そして、諦め悪く。

    現代ドラマ・社会派

    • 8

    • 860

    • 0

  • 一般小説

    「透明人間」【イマフェス_企画書】

    現代ドラマ・社会派

    • 7

    • 1,249

    • 0

髙橋 十五さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2022年 05月18日|コメント(0)

2020年 07月24日|コメント(0)

2020年 06月25日|コメント(0)

2020年 06月23日|コメント(0)

2020年 06月10日|コメント(0)

2020年 05月17日|コメント(0)

ファンレター

  • 夏らしく、青春らしく。

    ファンレターを失礼します。貴作の爽やかな、それでいて切ないもどかしさに感銘を受けました。題材も相まって、須賀しのぶさんの高校野球ものを連想しました。8月最後に、いい気持ちになりました。 有り難うございました。

  • 優秀賞おめでとうございます!

    月を概念として捉えている、という選評が気になって読んでみました。 月は色々な姿に変化しても変わらない。変化を躊躇う日菜子にとっては心に響く言葉ですが、「変わりたい」と願う佳苗にとっては…。 佳苗が最終的にこの様な選択をとった理由が書かれていない分、想像が掻き立てられました。見た目はガラリと変わってもどこか変わりきれないと悩んでいたのでしょうか。 それと、驚いたのが総文字数です。5000字どころか4000字以下だったんですね…! 短い文字数で、こんなに満足感の得られるストーリーを紡げること ... 続きを見る

  • 採用おめでとうございます

    主人公のモノローグは淡々としているけど、いつの間にか感情移入してしまいました。 なんといっても姉の結婚を引き合いにして、自分の恋愛を語ったくだりは何度も読み返しました。この文字数でこの説得力。そしてラストのリアリティー。作品に流れる空気感と文章がとても好きです。