作品数14
総合評価数135
総合PV数14,178

作者ブックマーク

満つるさんのプロフィール


楽しく短編書かせてもらってます。
お読みくださる方も楽しんで頂けたなら、こんなに嬉しいことはありません。





どれから読もう? と悩んでくださった方へ
感謝!

『妖精はBarに向かう』 第10回 『三題噺バトル』佳作
『ばあちゃんの庭』  第8回『三題噺バトル』佳作
『電話ボックス』   第2回『課題文学賞』佳作






写真は特に断り書きがなければ本人撮影
(最近は借りてばかり)

2022年7月登録
節操がないのが節操、と開き直る今日この頃
普段は長いのをこそこそ隠れて書いてるひと

満つるさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    シンデレラ・シンデレラ

    恋愛・ラブコメ

    • 6

    • 367

    • 0

  • 一般小説

    1日の終わりに

    現代ドラマ・社会派

    • 6

    • 424

    • 0

  • 一般小説

    02.29

    学園・青春

    • 10

    • 638

    • 0

  • 一般小説

    妖精はBarに向かう

    学園・青春

    • 18

    • 1,460

    • 0

  • 一般小説

    父とうどんと息子と母と

    現代ドラマ・社会派

    • 7

    • 850

    • 0

  • 一般小説

    ばあちゃんの庭

    現代ドラマ・社会派

    • 14

    • 1,383

    • 1

  • 一般小説

    今日の昼がイタリアンだったので

    恋愛・ラブコメ

    • 10

    • 795

    • 0

  • 一般小説

    ぼくが旅に出る理由

    学園・青春

    • 9

    • 1,225

    • 2

  • 一般小説

    飛行機雲

    現代ドラマ・社会派

    • 6

    • 722

    • 0

  • 一般小説

    小説書きなんて皆、嘘つき

    恋愛・ラブコメ

    • 7

    • 941

    • 0

満つるさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 情景が浮かびます

    情景が流れるように目に浮かびます。海が嫌いだから始まって最後は⋯⋯ 私も若い頃、海が苦手でした。ベタベタして体が気持ち悪くなって。ただ、悲しい時や苦しい時、眺めに行くのは海でした。 どこか不思議な印象を持つこの作品はとても秀逸だと思います。これからのご活躍も楽しみにおります。

  • 優しさ

    ファンレターを失礼いたします。佳作入賞おめでとうございます。貴作には登場人物、すなわち「ばあちゃん」への優しさが最初から最後まで溢れていて素直に入り込めました。わざとらしさがないと思います。設定がしっかり練られているのだと思いました。有り難うございました。

  • ステキです

    読ませていただきました。語り口調がとてもソフトで、でも内容はさみしくてなんとも言えない終わり方にジンワリしました。

  • 友達というのは。

    友達というのはある意味すごく中途半端な存在であると同時に、概念的環境的なものでありますね。いい作品を読ませていただきました。