作品詳細

パシフィック フロント

3453|SF|完結|13話|169,918文字

1938年南太平洋に突如出現した謎の亀裂、そこから現れた正体不明の飛行物体。
彼らは接近する人類の兵器に圧倒的な力で攻撃を仕掛け、対応に当たった英軍を筆頭に出撃した各国軍はいずれも大敗を喫した。
そんな中、第一次大戦の敗戦国であるドイツは、世界規模のこの事件にも国際世論を睨み正式派兵を見送った。
だが、その裏では世界的名声を持つ女性パイロット、ハンナ・ライチェを隊長に任じ義勇空軍を結成、秘密裏に開発していた兵器を与え、世界中から民間人パイロットをかき集め部隊を作った。
そこには南アフリカ、イギリス、日本、ソビエトなどから駆け付けた多数の女性パイロットたちも含まれていた。
地球の存亡を賭け、大国は政争の火を燻らせながらも共闘を余儀なくされ、義勇軍たちは極秘の後ろ盾となった二大国家の助力で前線へと向かう。
この先、彼女たちを待っている未来を予測できないまま。

正統派戦記に不慣れな方はSection1のエピソード2を先に読み、冒頭に戻る裏技を推奨します。

応援コメント詳細

話の冒頭は

個人的にはとても良いキャラが揃っているので、シリーズなんですからプロローグで主要キャラの戦闘シーンから入って回顧した方が面白いのではないかと思いました。
戦闘シーンでは、ほんとに異色な戦記なんだと納得しました。戦争もので生き残れと叫ぶのはハリウッド映画みたいですね!

TOP