水脈の王国 混沌の惑星3

[SF]

238

27,319

2件のファンレター

*Amazonからのセルフ出版準備中。こちらでは冒頭のみを公開しています。

マラデータ王国に潜入したエドガルドとイーサンは、美貌の学師ルシアナと出会う。王国に渦巻く策謀、そしてルシアナの胸に秘められた想いとは・・・!?

〈あらすじ〉
あらゆる物質にエネルギーの宿る惑星。そこには、初期に移住し惑星本来の環境下で暮らす先住民と、数百年後に移住し地球環境に近い人工都市を築いて暮らす都市人がいる。

先住民国家のマラデータ王国では、国王の岳父であるロドリゴ将軍が実権を握り、稀少な地下資源を第四ドームの軍事産業ハインズ社に不正に売り渡していた。
ティエラ教義の学師にしてティエラ・ゲレロの称号を持つエドガルドと、連盟治安維持官のイーサンは、それぞれ中級学師と傭兵としてマラデータ王国に潜入する。
そこで彼らは絶世の美貌を持つ、両性具有の上級学師ルシアナに出会う。ルシアナはその美貌で国王とロドリゴ将軍を虜にし、国を操ろうとしていた。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

タイトル、あらすじ、書き出し一行という少し変わった企画でレビューを書かせていただきました。

書き出し一行はこちら ** 砦とりでには夜が訪れていた。 (引用) ** まず、タイトルに注目したい。マラデータ王国篇とあることから、これはまだ一方である可能性が高い。すなわち、この物語は先住民が暮らす国と人口都市の両側から語られ、全貌が見えてくることを指示している。あらすじは概要を解釈したものだが、”潜入した”ということから、彼らは先住民ではないという推測が成り立つ。このことにより疑問を抱くのは、資源を不正に売っているのは果たして”将軍の意志”なのか?それとも”学師の指示”なのか ... 続きを見る

返信(0)

混沌に引きずり込まれました

 中世の香りのする静謐な雰囲気に先端科学が癒合する不思議な世界観に魅了されました。両性具有の学師エドガルドと相棒のイーサンのコンビが密命を帯びて潜入するのは地下水脈が広がるマラデータ王国。王家とそれを取り巻く人々の権謀術数が渦巻く中で、エドガルドはひたすら純粋で美しく、イーサンは男臭くて格好いい。友情とも愛ともつかない二人の精神的な関係にじれじれしながらちりばめられたSFガジェットの面白さにため息をつきました。素敵な読書時間をありがとうございました。

返信(0)

小説情報

水脈の王国 混沌の惑星3

神乃 佳月  Kazuki_Jinno

執筆状況
完結
エピソード
11話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
ロマンSF, ファンタジー, ダーク, シリアス, 両性具有, ブロマンス, 混沌譚シリーズ
総文字数
23,547文字
公開日
2020年05月16日 19:39
最終更新日
2021年04月30日 21:43
ファンレター数
2