爆弾魔

作者 黒い言葉

[現代ドラマ・社会派]

2

2,633

0件のファンレター

何故、僕は僕になったのか。
何故、僕は今日まで生き残ることができたのか。
僕にペンを置くことを許さないのは、何なのか。
この世界で生き残る為の、自我を失わない為の戦いで、黒煙が立ち込める毎日。
未だに無数の視線を向けられてる気がして、
未だに笑われている気がして、
たまに満員電車で冷や汗と吐き気に苦しみ、
焦りで浅はかなミスを犯し、
己の不甲斐なさに帽子を叩きつけて、
友よ、こんな姿を見ないでくれと、
背後霊よ、どうか怒らないでくれと、
そんな悲壮感を撃ち抜く為に、
夜遅くに自分のアイデンティティを呼び起こす度、いつもあの夏を思い出す。
開戦前夜。
生きるか死ぬかの分岐点。
振り返ればいつも、過去の自分が立っている。
怒りで固く拳を握り、肩で息をして、でもその顔は今にも泣きそうで、
無数の冷たい視線を向けられ、
笑われて、
罵られて、
それで毎夜の如く暗い牢獄に閉じこもり、
隠していたルーズリーフを取り出し、その上に覚えたての拒否オロジーを乱射する。
あの頃の僕は、全てを変える武器を探していた。
全知全能らしい神様をぶっ殺してやる為に、
あいつら全員を見返してやる為に、
あの日の言葉を取り戻す為に、
最悪な日常から抜け出す為に、
そんな僕の黒く淀んだ部分が火薬になって、
爆弾が大量生産されていって、
僕の黒メモは誰にも見せられない代物になったけど、
数多くの不発弾達に、時々悟されることがあるから、
今も変わらず、爆破予告をし続けているんだ。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

爆弾魔

黒い言葉  kotoba101

執筆状況
完結
エピソード
16話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
ヒューマンドラマ, 男主人公, 死, 現代, アイデンティティ, 一人称, 小説家
総文字数
48,911文字
公開日
2022年03月21日 18:13
最終更新日
2023年10月09日 13:38
ファンレター数
0