僕と猫と明珍火箸 ー 勝手に他人の半生を書いてみた(第2章)

作者 kkkkk-

[現代ドラマ・社会派]

52

5,442

0件のファンレター

時は1959年。米沢3日間戦争は自衛隊の介入で終結したものの、クローン研究者の父を脅す材料として武は米沢派の残党から狙われることになった。
武を米沢派から守るため、母:信子は武と猫を連れて実家のある兵庫県姫路市に避難した。

皿屋敷伝説に挑む少年と猫の冒険。

第1章『僕と猫と米沢牛』の続編です。
https://novel.daysneo.com/works/d02118ad1ecc3c41e058fc1d6828314c.html

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

僕と猫と明珍火箸 ー 勝手に他人の半生を書いてみた(第2章)

kkkkk-

執筆状況
完結
エピソード
21話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
猫, 小学生, 皿屋敷, お菊さん, 姫路, 青山鉄山
総文字数
35,543文字
公開日
2023年02月17日 18:24
最終更新日
2023年04月02日 19:22
ファンレター数
0