見聞士

作者 唐乃 楓

[ファンタジー]

32

3,846

3件のファンレター

見聞士のカイローは故郷を遠く離れ、世界中を旅して回っている。
行く先々で目にする珍しいものや、伝承などを書き残すのが彼の役目だ。
ある時、旅人たちは川の氾濫で渡河をあきらめ、山越えの廃道に踏み入った。
「この日ほど、命の危険を感じたことはない」と見聞士は自著に書き記す。


2021年3月 【2000字FT】に参加させていただいた作品です。
お気づきの方もおられると思いますが「黒衣のリラ」のスピンオフでもあります。
2022年1月 予定より遅くなりましたが、改稿版を投稿しました。
いまの筆者にできうる、精一杯の文章です。
改稿にあたって工夫した点などを以下にまとめています。

・言葉に矢印の働きを持たせられるようにしました。たとえば、冒頭の風景の描写で「絨毯のような密林は、いまや夕暮れの山陰にあって」とありますが、「いまや」という言葉を入れることで、時間の経過や景色に変化があったことを示唆。また、旧版の「夜営の準備にかかった」を、改稿版では「夜営の準備を急いだ」とすることで、旅が予定通りに進んでいないことを匂わせています。
・カイローの出自や、ドラゴンの一撃で商い品が宙を舞う場面、影の主役ともいえる馬に関する描写を追加しました。
・漢々動詞(と勝手に呼んでいます)を減らして、音のよさや動きを重視しましたが、ここぞという所では、漢字が持つ字面の力に頼りました。
・ドラゴンに関しては、張り詰めた空気が伝わるよう心がけました。苛立ったり縄張りを守るために殺気立ったりする様子が伝わるでしょうか? さらに後日、蹴爪の表現も追加しています。
・カイローの描写「恐る恐る顔を上げると」を「むせ込みつつ、カイローが顔を上げると」に変更。感情については前後の部分からでも伝わると判断したので、外面的な動きを書きました。

目次

完結 全2話

2022年06月18日 17:48 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

息を呑む緊張感

こんにちは。遅ればせながら、拝読いたしました。 のっけから漂う不穏な気配。臨場感のある背景描写にどきどきしながら読み進めていくと、息を呑む展開に。 堪能いたしました。 見聞士としての記録はきっと膨大な量になるのでしょうね。そのうちのひとつを垣間見ることができて、想像力を掻き立てられました。 あと、個人的に、ジャンル説明のところの言葉のチョイスがとてもツボでございます(笑)

返信(1)

王道ファンタジー

のっけから映画のワンシーンのよう。見聞士が渋くてカッコいいですね。読んでいて、“その世界”を見聞士の目を通して見ているような感覚に。緻密に構築された世界観に圧倒されました。

返信(1)

待ってたよ〜☆

唐乃楓さんの新作☆ 思わぬタイミングでの発表で驚きました。 が、 誰よりも早く(おそらく?)読み始められたかもしれないなと、ご満悦です(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵) 一気に、 物語の世界に瞬間移動したみたいな気持ちになってしまいました。 とても不穏です( ¯−¯٥) ザワザワして困ります( ¯−¯٥) 春の午後のホンワカした時間が台無しです。 なのに‥‥続きが読みたい。 続々‥楽しみにしています☆

返信(1)

小説情報

見聞士

唐乃 楓  nopos480808

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
【2000字FT】, わくわく動物ランド, スイミー, 見聞士, 短編, 掌編, 隊商と巡礼者, 山に登りたくなったら, ファンタジー, 狩られに行こうぜ!
総文字数
4,404文字
公開日
2021年03月23日 22:22
最終更新日
2022年06月18日 17:48
ファンレター数
3