作品数5
総合評価数65
総合PV数109,339

作者ブックマーク

晴川やよいさんのプロフィール

和風ファンタジーが好き
アイコンは頂きものです
自サイト( http://nanos.jp/yatoharu/ )に掲載している一次創作を載せていきます

晴川やよいさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    絵空事 -後日譚-

    ファンタジー

    • 15

    • 18,478

    • 2

  • 一般小説

    絵空事 -前日譚-

    ファンタジー

    • 17

    • 58,131

    • 2

  • 一般小説

    絵空事 -irreal-

    ファンタジー

    • 11

    • 17,763

    • 0

  • 一般小説

    あきぞらのはて。

    ファンタジー

    • 11

    • 11,094

    • 2

  • 一般小説

    principio.

    ファンタジー

    • 11

    • 3,873

    • 2

晴川やよいさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2018年 12月22日|コメント(0)

2018年 11月21日|コメント(0)

2018年 11月20日|コメント(0)

2018年 10月23日|コメント(0)

2018年 09月28日|コメント(0)

2018年 09月12日|コメント(0)

2018年 09月07日|コメント(0)

ファンレター

  • ashikabiさんへ

    こんにちは! いつもコメントありがとうございます。 前日譚は曖昧な世界を目指して書いているものなので、あえて説明を避けている部分もいくつかあります。描かれていない部分は自由に想像していただければと思いそうしてみたのですが、やはり難しかったでしょうか……。どうにも塩梅が難しく、力不足を痛感しております。機会があればまた加筆したりしてみようかな…。 コメントありがとうございました!!

  • 二週目です

    駆け足で読んでしまっていたので、読み直し中です。人と人との関係性が丁寧なところが好きです。ただ、あえてなのか説明が省かれている気がして、読み手に高い理解力を求めてしまっているように思います。説明過多では全体を損なうのでバランスの難しいところですが。

  • ashikabiさんへ

    こんにちは。お読みくださってありがとうございます! ashikabiさんが感じておられる不明瞭な箇所、今後明らかになるといいのですが…。できるだけ終始穏やかに…! と思いながら書いた記憶があるので、ご期待に添えるかどうか…。 もしどうしても気になるようでしたら、コメント等でこっそりお知らせくださると幸いです。いつもコメントしてくださってありがとうございます、励みになります!

  • 穏やかな関係

    ひと通り読んで追いつきました。細かい部分で気になるところはありますが、文章が綺麗なので、まあいいかと感じます。あれこれ起こっているけれど、全体的に不思議と穏やかな印象があります。まだ色々と不明瞭ですが、追い追い明らかになるのでしょう。慌てず落ち着いた文章には安心感すら覚えます。

  • ashikabiさんへ

    こんにちは、コメントありがとうございます。嬉しいです。 「まるで詩を読むかのような透明感があり、とてもきれい」…とても褒めてくださってありがとうございます、恥ずかしいやら嬉しいやらで何といっていいか分かりません…! そうですね、『あきぞらのはて。』はとにかく澄み渡る空をイメージしていたように思うので、ひっかかりがなく物足りないように感じられてしまうかもしれませんが、むしろそれが本望です。きっと彼らは誰にも悟られずに消えていくのでしょうから。 読みやすいと言っていただけて恐縮です。『 ... 続きを見る

  • ashikabiさんへ

    初めまして、晴川です。 コメントいただけてとても嬉しいです、ありがとうございます。 『principio.』について深く考えていただいたのを拝読し、私自身もなるほどなと思いました。 これは私の勝手な考えですが、記憶を持ったまま生まれ変わるというのは、想像を絶するつらさだと思っています。自分が自分でなくなる瞬間のおそろしさ、大切なもの達と別れなければならない悲しさ…色々と考えて書いた作品ではありましたが、なかなかこれだ!と思うものは見つかりませんでした。未だにわかりませんし、きっと生 ... 続きを見る

  • あきぞらのはて。

    『あきぞらのはて。』を読みました。 まるで詩を読むかのような透明感があり、とてもきれいだと思いました。 さらりと読むと、するりと抜けて行ってしまうので、どこかにひっかかりが欲しかったです。 ある種、人類の敵ともなりうる主人公たちですが、そちらの視点に立つのはドキドキしますね。 『寄生獣』の終わりらへんに似た感じがありました。 全体としてとても読みやすく、もっと評価されて良い作品だと思います。

  • 神との対話

    こんにちは。はじめまして。 僕は今、NOVEL DAYS上で聖書について書いています。 晴川やよいさんの『principio.』を拝見し、それがモーセと神との関係によく似ていると感じました。 『principio.』では単にやりなおすのではなく、一度滅ぶというところが肝なのでしょうね。 そこは『ひぐらしのなく頃に』に近いけれど、皆が記憶を持つところがユニークだと思いました。 「その村は、努力ができる者たちが集って、つくった村でした。」 ひっかかりのある、良い出だしだなと感じま ... 続きを見る

晴川やよいさんの作品タグ