レディ・マクベス・ノート

[恋愛・ラブコメ]

35

13,898

1件のファンレター

シェイクスピア異聞、小説『マクベス』です。マクベス夫人の一人称で書いています。全13話+あとがき(創作裏話など)。
原作の戯曲とは多少設定が違いますが、そこは逆に史実に基づいた部分だったりします。
ホラーでスプラッタなだけのマクベスは、もう飽き飽き。そんなことないですか?
シェイクスピアからの引用は、自分で翻訳しています。現役のシェイクスピア講師で、自分で翻訳・脚色・演出して、自分で舞台にも立って、スピンオフの小説まで書いてしまっている人間は、たぶん日本で私だけではないでしょうか(笑)。

ファンレター

とても面白かったです!

「マクベス」は私の大好きなシェイクスピア劇です(後は「リチャード三世」「タイタス・アンドロニカス」)。
夫人の心情を余すことなく描かれていて、一気に読みました。劇としても素晴らしい出来ではなかったのかと思いました。何かの折に触れて、読み返したくなるような物語でした。
実はこの物語を読む前にDKMarley「The fire of Winter」という同じく史実に則ったマクベス夫人物語を読んだのですが、こちらは三人の魔女も出て来る劇作にかなり近づけた長編でした。機会があればご一読を。
素晴らしい物語を有難う御座いました。今後のご活躍を祈念致しております。

返信(1)

> tokiedaさま

ありがとうございます! お楽しみいただけたようで嬉しいです。tokieda様の作品ものちほどゆっくり拝読いたします。お勧めいただいた小説も。
よかったら連載中の『オフィーリア・ノート』もぜひ!
https://novel.daysneo.com/works/5f3175d7e614f3f6fcc5654504875d31.html
『マクベス』と『ハムレット』の翻訳(抄訳)も近日中にアップする予定です。いまある訳はどれも自分で演じるには使いづらく、思いきって訳しはじめ、その勢いで小説を書いてしまったんです。こちらもぜひご一読いただけたら。宣伝ばかりで申し訳ありません。