願いを纏って

作者 mika

[現代ドラマ・社会派]

41

2,892

4件のファンレター

着方教室の新しい生徒、菫さんはなぜかいつも不機嫌そう。
彼女が持ってくる着物や帯には、ある違和感があって……。

お題「ツンデレ」はコミュニケーションの下手な性格と解釈しています

※表紙はAdobe Stockから二本杉さまの作品を使用させていただきました。

ファンレター

知らない世界

mikaさん、こんにちは。

「願いを纏って」を拝読しました。専門的な未知の領域が題材でしたが、最後まで面白く読めました。
実際、我が家でも妻が僕の祖母の代からの着物を受け継いでいたりするのですが、
着方についてはもちろん全く立ち入らず……。写真屋さんでその姿を見るだけ、という。
これも線引きがなかなか難しいのですが、もう少し関心を持とう、と思いました。

そしてストーリーですが、静かながらも力強い明るさを感じられるもので、心に残りますね。

有り難うございました。

返信(1)

村山さん、「未知の領域」であっても、敬遠せずに最後まで読んでくださり、どうもありがとうございます。
「静かながらも力強い明るさ」を感じていただけたことが本当にうれしく、心に残ると言ってもらえて、胸がいっぱいです!!

村山さんのおばあさまのお着物を、奥さまが受け継いでおられるのですね。写真に残しているということは、きっと奥さまも大切になさっているのでしょうね^^
祖母や母から、あるいはお世話になったかたから受け継いだ着物や帯は、それぞれにストーリーをもっている気がします。
わたし自身は祖母と母、叔母、お世話になったかたから受け継いだ五人分の着物があります。戦前のアンティーク着物も好きですし、戦後の昭和レトロ着物も好きです。着物にかぎらず、アンティークのジュエリーやヴィンテージの食器も好きで、それは時を重ねたモノがもつストーリーが好きなのだな、と自分では思っています。
村山さんご自身が着る立場でなければ、着物に関心を持つのって難しいですよね。(男性の和装も格好良いと思いますよ)
おばあさまから受け継いだ着物には、どんなファミリーヒストリーがあったのか、時には奥さまと対話してみると、新しい発見があって楽しいのでは、と思います^^

素敵なメッセージを寄せてくださり、感謝いたします。