月の巫女様、降臨先は?

[ファンタジー]

65

3,893

4件のファンレター

ここ、弥生町の月読神社では、百年に一度「月の巫女様」が降臨する。
それが今年2022年、癸寅の年回りに行われるとご神託があったのだ。
巫女候補となったのは、3人の小学5年生。
恋愛脳の私こと、宇野花梨も候補になっちゃった、やだ、恋愛禁止なんて無理! いったい誰に巫女様が降臨するの?

ファンレター

よかっぺ!

面白かったです!
何よりも、チャットノベルでも感じたことですけど、個性的なキャラクターを生み出すのが本当にお上手で、うらやましくもあります。
皆んなそれぞれ違って魅力的で、特に三人の少女は三者三様に可愛らしくて、ついついお母さん目線でこんな娘欲しかったなぁと微笑ましく見てしまいました。
でも、ラノベテイストのラブコメ路線だけに走らず、地域に根ざした伝統や伝承、独自の文化やしきたり、価値観などがさりげなく放り込まれ、緊張と緩和というのか、緩急自在に締緩する感じが物語に深みを齎してるように思いました。

実は私、大昔に数年だけですが、梅と腐り豆の王国に住んでいたことがあります。
なので、ごじゃっぺが懐かしいです^ ^

返信(1)

櫟さん、ありがとうございます!
3人のキャラを可愛いと言っていただいて胸いっぱいです。実は私も母目線です(^^)
今回、少女漫画的世界にリアルなお告げを挿入して、違和感というか、メリハリをつけたかったので、「緩急自在に締緩する感じ」と言っていただいて、とても嬉しかったです。(それから“締緩”という言葉を初めて知りました)丁寧に読んでいただき感謝です!

おお、櫟さん、大昔に梅と腐り豆王国(大笑)にお住まいになったことが! ちなみに私はお隣の餃子王国在住。グンマー帝国とともに、毎年県の魅力度ワーストの泥試合続行中です。
北関東上級者向け方言の「ごじゃっぺ」が通じるなんて、ノベルデイズの奇跡!