良いんじゃないかな

エピソード文字数 1,434文字

「今日はこれ!」

勢い良く開かれる居間のドア。

ソファに並んで座っていた、同じ顔が注目します。

「どう? このコーデで」

バタバタと部屋に入って来た佐美さんは、自分と瓜二つの、三つ子の姉2人の前で立ち止まりました。

両手を腰に当てた姿勢で、ソファに座る次女の多美さんに、軽く顎を突き出します。

「どう? たぁー」

「よ、良いんじゃないかな」

佐美さんは満足気に頷きながら、長女の奈美さんの顔を見ます。

「なぁーは?」

「可愛いですね♡」

胸を反らした佐美さんは、会心の笑みを浮かべました。

「アイテムのリストは、もう2人のスマホにメールで送ったから!」

「早速、私も着ないとですね」

いそいそと、ソファから腰を上げる奈美さん。

出口に向かって歩き出そうとした瞬間、その足が止まります。

「─ 多美さん」

「何?」

「お出掛けするんですから、早く着替えて下さい。」

多美さんは、ノロノロと立ち上がりました。

「そ、そうだね。。。」

----------

「どうですか?」

静かに開かれた居間のドア

部屋に入って来た奈美さんのコーディネートは、頭の先から爪先まで、佐美さんと同じでした。

「なぁー、可愛い!」

鏡像の自分の様な姿を、佐美さんが褒めちぎります。

「たぁーが揃えば、三つ子コーデの完成だね♡」

----------

「…何で着替えてないの!?

恐る恐る居間のドアを開けた多美さんに、佐美さんは駆け寄りました。

「たぁー?」

「えーっとぉ」

「コーデに不満があるの?」

「そ、そんな事は…」

多美さんが部屋に入って来ようとしないので、佐美さんが腕を掴んで、引っ張り込みます。

「じゃ、何?」

「わ、私には、合わないかなって。。。」

「─ 同じ容姿の私には、似合うって言ったよね?」

「…」

何も言えないでいる多美さんの背中を、奈美さんが指で突きます。

「お部屋、見て来ました」

「え?」

「必要なアイテムが、探せなかったんですよね?」

「そ、そんな事は…」

奈美さんは、硬直している多美さんの顔を覗き込みました。

「部屋は、片付けた方が良いですよって…私、言いませんでしたか?」

「お、仰いました…」

「服も満足に探せない程、散らかすなんて。。。」

----------

「たぁー ってさぁ…」

佐美さんが、多美さんの鼻の頭を、右手の人差し指で強めに押します。

「─ 三つ子たるもの、出掛ける時には、お揃いの服を着るべきだって、いつも力説してなかったっけ?」

「そ、そうだったかな…」

「お揃いコーデが出来ないって事は…三つ子失格って事で、良いよね」

「…え?」

奈美さんの左腕に、佐美さんは右腕を絡めました。

「なぁー」

「何ですか? 佐美さん」

「残念ながら私達、双子になっちゃったみたい」

「そうみたいですね」

口をパクパクする多美さん。

目で申し合わせた奈美さんと佐美さんは、部屋の出口に向かって歩き始めました。

「お出掛けは、2人でしましょうね。佐美さん」

「そうだね。」

「ちゃんと、ファッションもお揃いですし」

「双子コーデ、だもんねー♡」

ドアを閉める寸前、振り返った奈美さんが、笑わない目で多美さんに微笑みます。

「三つ子失格の多美さんは…お留守番して、お部屋を片付けて下さい。」

「そ、そんなぁ。。。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み