気にしません♡

エピソード文字数 1,351文字

「誰さん?」

学校の廊下を歩いていて、背中を指で突かれた佐美さん。

振り返った先には、全く同じ姿形の女の子が、微笑んでいました。

「佳子です。佐美姉さま♡」

佐美さんの口から、疑問の声が漏れます。

「同級生で、三つ子の末っ子の私が…何で姉さま?」

「5人の中では、佳子が1番精神的に、年下ですから。」

「でも、かぁって…双子の姉、なんでしょ?」

「戸籍上の話なんか、私、気にしません♡」

----------

「お二人さん! 異姉妹交流?」

佐美さんと佳子さんは、声のした方を、同時に見ました。

ゆっくりと、近づいてきた言葉の主。

それは、2人と見た目が、全く同じ女生徒でした。

「誰さん?」

「た、多美姉さまですよ? 佐美姉さま!?

血の繋がった三つ子の姉の区別が付かない事に、驚く佳子さん。

多美さんの顔に、苦笑いが浮かびます。

「佐美ちゃんは…私と、奈美ちゃんの区別、見ただけでは付かない人だから。」

「え…そうなんですか?」

佐美さんは、必死で反論しました。

「お、同じ顔なんだから…見ただけで判んないのが、当然だから!」

----------

話題を変えるかの様に、多美さんが口を開きます。

「ところで、私を姉さまって呼んでくれてるから…佳子ちゃんだよね?」

「そうです♡」

「ごめん。うちの2人と、双子ちゃんの区別は出来るんだけど…」

「─」

「亜子ちゃんか佳子ちゃんかの見分けは、まだ付かなくて。。。」

「…仕方ありませんよ。同じ顔の2人ですし!」

ニコニコしている佳子さんの顔を、多美さんは覗き込みました。

「でも…佳子ちゃんは、私達3人の区別、付いてるよね?」

「はい!」

佐美さんの頭に、長女の奈美の顔が浮かびます。

「なぁーも、そうなんだよね…」

同意して頷いた多美さんは、目だけを佳子さんに向けました。

「そういうのって…なんかコツでも、あるの?」

「愛の力です♡」

----------

暫くの沈黙。

ぼそっと多美さんが呟きました。

「…その理屈で行くと、佐美ちゃんが私達を見分けられないのは…愛が足らないからって事だね。」

「たぁー!」

涙目で叫ぶ佐美さん。

佳子さんが、取りなす声を出します。

「私達誰も、佐美姉さまの愛、疑ってませんから!」

今にも大泣きしそうな佐美さんに、多美さんは必死で謝りました。

「ご、ごめん佐美ちゃん、ほ、ほんの冗談だから!」

涙が滲んだ目で、佐美さんはそっぽを向きます。

多美さんは、猫なで声で擦り寄りました。

「学校終わったら…佐美ちゃんお気にの『カフェ敦賀』に行こ?」

察した佳子さんが、慌てて調子を合わせます。

「わ、私も、ご一緒させて頂きます。佐美姉さま!」

下唇を噛んだ佐美さんは、横目で2人を見ました。

「でも私…もう今月は、あんまり お小遣い、残ってないし…」

多美さんが、佐美さんの耳に口を近づけます。

「…紅茶代にプラスする、ケーキセット代、私が出してあげるから。。。」

「え、ホント?」

すっかり機嫌が治った佐美さんは、手の甲で涙を拭いました。

「じゃあ、今日の放課後、3人で『カフェ敦賀』でお茶ね!」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み