はずれー

エピソード文字数 768文字

「さあ、私は誰でしょう?」

友人は、笑顔で近づきました。

私は、三つ子の1人の名前を口にします。

「…多美ちゃん」

「はずれー、私、奈美」

無言で見つめる私。

友人の声が小さくなります。

「じゃ、じゃあ…佐美」

「自分が誰なのかを、『じゃあ』で決めたらダメよ?」

上目遣いで、多美ちゃんは私を見ました。

「佳奈には…私達3人の見分け、付くんだ。」

「うーん。そっくりさんだから、多分見た目だけでは…判んない かなぁ」

「?」

「キャラで…識別 してる!」

「…え?」

訝しむ多美ちゃんに、私は微笑みます。

「例えば…奈美ちゃんと佐美ちゃんは…こういう事しないでしょ?」

拗ねて そっぽを向く多美ちゃん。

その頬を、私は軽く指で突きます。

「黙っていられたら…多分、判んないと思うけど。」

「…そうか!」

多美ちゃんは、何かを閃いたの様に、虚空を見つめました。

重要事項を確認するかの様に、ブツブツ言い始めます。

微かに私の耳に届く「…なるべく、喋らない様にしないと」の呟き。

「まさか多美ちゃん、次は見分けられない様にしようとか…」

「─ 考えてる。」

無意識の私の右手の指が、自分の額を押さえます。

「聞いても…良い かな?」

「ん? 」

「…何で、見分けられない努力なんか…する訳?」

「あんまり簡単に見分けられると…何か悔しいんだよね。」

「はぁ…!?

「三つ子の1人としての、アイデンティティの問題!!

「ア、アイデンティティ?」

熱くなった多美ちゃんは、私に顔を近づけました。

「『そっくりで見分け付かないっ』て言われてこそ、三つ子だと思うんだ!」

勢いに押された私は、数歩後退します。

「ごめん。三つ子の経験のない私には…良く判らないかも。。。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み