レフ・トルストイ=スーパースター(2008)

[創作論・評論]

11

1,580

1件のファンレター

文豪レフ・トルストイは最初のメディアスター。列車の移動の際には駅の屋根まで人が溢れ、発言はすぐさま翻訳され世界中に伝えられています。トルストイの20世紀への影響について論じた批評です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

レフ・トルストイの発送には「質素主義」が正にピッタリ

レフ・トルストイについてロシアの人よりも詳しくご存じで、感動しました。 やはり非常に奥深い作家で、研究しきれない哲学を追求し、幅広いテーマに及び、本当の「人間性」の答えを幾つか見出せたかと愚考します。 今年九月に誕生195周年を迎えますのでその作品を改めて読み直す価値があるかもしれません。

返信(1)

小説情報

レフ・トルストイ=スーパースター(2008)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
トルストイ, アナーキズム, 軍人, マゾヒズム, 小説, 非暴力主義, ロシア文学, メディアスター, 近代, 20世紀
総文字数
21,497文字
公開日
2022年06月22日 11:29
最終更新日
2022年07月02日 09:00
ファンレター数
1