黒のイリュージョン

作者 銀狼

[現代ドラマ・社会派]

19

1,763

1件のファンレター

「恋愛は美しき誤解」という言葉があります。
深く透明な湖の岸辺に美しい白つつじが咲いております。湖底からも魅惑的な水中花が手を差し伸ばしております。
さて、あなたが手に取ろうとしているのはどちらの花なのでしょう。。
※この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは 一切関係ありません。
※書影出典はアトリエに。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

新感覚!

銀狼さん、こんばんは。 「イリュージョン」、拝読しました。 題材がまず面白いですね。こういう分野の方々の思考はまた違うと思い込んでいる庶民として、興味深く読みました。 豊かな感性があると、ちょっとした気持ちも、激しく影響してしまうのかもしれません。 そして銀狼さん、このラストは……意外でした! ちょっと嬉しく、ちょっと寂しい。これは素直な読後感です。 有り難うございました。

返信(1)

小説情報

黒のイリュージョン

銀狼  lone_wolf

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
リフレクション, 絵画, 深層心理, 恐怖, ニーチェの格言, 水中花, 幻想, 家族
総文字数
9,812文字
公開日
2022年06月20日 22:17
最終更新日
2022年07月28日 18:43
ファンレター数
1