意地悪で優しい贈り物

作者 宮島荘永

[ミステリー]

10

1,102

1件のファンレター

双子の姉弟である碧と暦は小学六年生。クリスマスイブに両親に呼ばれてリビングに行ってみると、クリスマスプレゼントと思しき紙袋が二つ。前もって言っていたリクエスト通りの物を用意してくれたらしいけれども、パズル好きの父が難問を課してきた。外見では区別の付かない状態で紙袋を選び、しかも受け取った物は手放したり貸したりすることなく、自分自身で使うように、と。さあ、碧と暦はどうすればほしいプレゼントを確実に手にできるでしょう?

目次

完結 全1話

2023年01月03日 12:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

一休さんも舌を巻く

宮島さん、本年もよろしくお願いいたします。 こちらの作品の趣向にまずは驚き、感心しました。一休さんも顔負けですね。 このテーマでこういう話を持ってこれる力量は、流石という他ありません。 しかもこのラストはなんですか! 今回も学びの多い作品を有り難うございました。

返信(1)

小説情報

意地悪で優しい贈り物

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
【課題文学賞その五】, パズル, 謎解き, プレゼント, クリスマス, クリスマスイブ, 家族, 小学生, なぞなぞ, クイズ
総文字数
2,000文字
公開日
2023年01月02日 02:46
最終更新日
2023年01月03日 12:00
ファンレター数
1