作品数21
総合評価数101
総合PV数48,935

作者ブックマーク

若奈さんのプロフィール

NOVEL DAYS × tree 合同開催の長編文学賞テーマ「青春小説」にて、受賞とはなりませんでしたが、優秀作品に『謎翔る転校生』が選ばれました!

書いてる小説はホラー、ミステリが多めです。

若奈さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    満月亭くろふね

    現代ドラマ・社会派

    • 3

    • 99

    • 1

  • 一般小説

    冒険譚

    現代ドラマ・社会派

    • 3

    • 195

    • 0

  • 一般小説

    かりそめキューピッド

    恋愛・ラブコメ

    • 19

    • 1,636

    • 2

  • 一般小説

    お岩さんのお取り寄せ

    ホラー

    • 9

    • 442

    • 1

  • 一般小説

    森羅万象のことわり

    ファンタジー

    • 5

    • 1,742

    • 0

  • 一般小説

    謎翔る転校生

    学園・青春

    • 5

    • 6,301

    • 0

  • 一般小説

    死に際の言伝人

    ミステリー

    • 2

    • 2,897

    • 0

  • チャット

    ミッドナイト癒やシアター

    現代ドラマ・社会派

    • 4

    • 3,771

    • 0

  • 一般小説

    悪役仮面をかぶったら

    現代ドラマ・社会派

    • 2

    • 538

    • 0

  • チャット

    今宵、ホテルのバーで謎解きを 『最強のセキュリティー』編

    ミステリー

    • 9

    • 7,219

    • 0

若奈さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2022年 06月09日|コメント(0)

2021年 04月18日|コメント(0)

ファンレター

  • 面白かった!

    若奈さん、レターを失礼します。 このお話、すごく好きです! 日常の中にある断片、ちょっとしたミステリとサスペンスの部分だけを切り取った小噺のようで、少年の冒険でもあるし、ファミリードラマのようでもあるし。 でも、ほのぼのとしたお話で、人物像が丁寧に描かれていて、三つのお題もとても効果的に使われていて、お後がよろしくて、最高でした!

  • 優秀賞おめでとうございます!

    個人的には、三題噺のお岩さんも受賞して欲しかったのですけど、こちらの作品もすごく好きなので、自分のことのように嬉しいです! 公式の講評とかぶってしまう感想になりますけど、やはり「わたし」と大貴の距離感に、不安定なようで安心し切った信頼もあって、モヤモヤしつつもきゅっと胸が締め付けられるような思いで読ませて頂きました。 毎日の変化なんてトマトのように微々たるものでも、ずっと同じではなく、気付いた時には変わってる……成長ってそんなものなのでしょうね。 現実の物理的な距離、SNSの距離、そして、 ... 続きを見る

  • 拝読いたしました。

    大賞おめでとうございます。負けた悔しさはありますが、こうして応援したくなる素敵な作品でした。 ありがとうございました。

  • はじめましてm(_ _)m

    レターを失礼します。 感動するぐらい笑いました! もう、お菊さんが可愛過ぎて、二人のやり取りもどこか間が抜けてて調子外れで、めっちゃツボりました。 さてさて、愛することと食べることは似てる、というコンセプトで作品を書いたことがあります。 究極的には「生」への執念とか執着とか、生きることへの渇望とか実感に繋がるような気がしているのですけど、こちらの作品では小気味よく、面白おかしく「食」への好奇心が描かれていて、生きることには無頓着に思えるところが斬新でした。キャラクタの二人のイメージも ... 続きを見る

  • 皐月原 圭 さん

    ありがとうございました。 たしかに、今日だ。このあと。すぐ。ですね。 「あなたの最後」は、なんとなくもっと未来を想定してしまってました。 もうひとひねり必要そうです・・・

  • 1,951文字!

     うーん、文字を追加することは難しいですかね。  個人的には(あくまでも個人的に)「その後」があるとすごくいいなって思いました。  だって、占いの通りに何かが起こるとしたらきっと今日ですよね、今日。  最期を占う、が怖くなって逃げた以上、ドキドキソワソワと怯えながら夜道を帰ることになると思うのですが、果たして、「初めて占いを信じて、時すでに遅し」なのか、「初めて占いを信じて回避できた」のか、が、結果まで書かずとも匂わせがあるともっと怖かったかもしれないと感じました。