作品数1
総合評価数189
総合PV数34,899

作者ブックマーク

開物発事さんのプロフィール

こんにちは。
開物発事(かいもつはつじ)。『モノを開いてコトを発する』。
古代史ブログの中から、テーマとしてかたまってきたものを、あらためてこちらで書くことにしました。
興味のある神社仏閣や史跡に足を運び、機会があれば出土品などを見学し、考古学や伝承資料を読んで考えます。
ノンフィクションジャンル。
背景画像。PC版はアラハバキ信仰の故郷、津軽・お岩木山の笠雲と夕景。スマホ版は大阪淀川・旧赤川鉄橋の日の出。

開物発事さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    アラハバキ解・汎日本古代信仰の謎に迫る

    ノンフィクション

    • 189

    • 34,899

    • 5

開物発事さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 不思議がいっぱい

    いつもワクワク拝読しています。ヒスイの色は深い水の色ですね。ヒスイの姫、ヌナカワ姫の名前に川がついているのはたまたまでしょうか。水底でとれるヒスイは特別なのかな、と思ったり。

  • ロマンです

    ヒスイのお話、お待ちしていました。硬いヒスイを加工する技術は本当にすごいです。しかもあの形。続きが楽しみで楽しみでなりません。

  • グローバルです!

    アボリジニまで広がりましたね。北も南も海でつながっていますし。遠い昔、もっと陸同士が近かった時代の記憶の断片があるのかも。ロマンです。

  • 神秘と不思議

    渦巻紋は世界のあちこちで呪術的な意味を持つ模様として扱われていますよね。どこにルーツがあるのでしょう。これは捻り渦巻き模様、かな。角をつけるとラーメン丼の模様になりますね。興味深いです。

  • まさかの二上山が出てきて驚きました

    楽しく読ませていただいております。二上山からのぼる月を見られる辺りに住んでいるものです。二上山は「標高こそ低いものの、姿、歴史、眺望どれをとっても一級品」といわれる楽しい山です。お話の中で、石器時代~縄文時代のサヌカイトは、おおむね二上山を産出とするもの、とあり、驚きました。アラハバキとは関係がないのですが、二上山の麓にある「屯鶴峰(どんずるぼう)」も、素敵な所ですので、近くまで来られた時は、ぜひお立ち寄りください。それでは失礼いたします。

開物発事さんの作品タグ

開物発事さんのつぶやき

開物発事さんのリンク