妻が自称ユーチューバーになった話

作者 kkkkk-

[日記・個人ブログ]

87

16,447

0件のファンレター

この話は自称ユーチューバーとなった妻の活動を描く、エッセイ? ブログ? 日記? のようなもの。ちなみに、こんなことを書いているのは妻には内緒である。

うちの妻はよく「〇〇してみたいんやけど、どう思う?」と言う。
基本的にこの質問において、私の意見は求めていない。女性に多い傾向だろう。
妻の言ったのは「〇〇するから、手伝えよ!」と同義だ。

今回は「ユーチューバーになってみようかと思うんやけど、どう思う?」だった。
すなわち「ユーチューバーするから、手伝えよ!」という指令が私に下ったのだ。

妻の目指すユーチューバーは、顔出しせずに、時間を掛けずに、面倒なことはしない、そんなユーチューバーだ。そんなことでユーチューバーになれるなら、誰でもなっている。
ちなみに、うちの妻がユーチューバーになった経緯は下記の話に書いたことがあるので興味がある人は見て下さい。

『妻がユーチューバーになると言い出したら、どうするのが正解か?』
https://novel.daysneo.com/works/3a4400efe6d818a3b3d048a19e8e614e.html

妻は面倒な作業を全て私に丸投げし、ユーチューバーとなった。

そして、妻が自称ユーチューバーとなってから1~2カ月が経過した。この話は自称ユーチューバーの妻とアシスタント(私)の小競合いを綴った物語である。

更新タイミングは不定期です。掲載していた小説が終了し、次の小説を開始する前に更新しています。

ファンレター

ファンレターはありません