超人クラブへようこそ

作者 紫雀

[SF]

1,132

293,541

119件のファンレター

私立開成南高に入学した高森要はごくごく平凡な男子高校生。
ところがその平凡な日常が、ある日突然一変する。
高校に勤める国語教師と彼が主催する秘密のクラブによるメンバーが織りなす物語。

ファンレター

「第387話 アナザー 邂逅 その34」まで拝読

うわ~、高森くんと裕也くんの邂逅、めちゃくちゃ劇的じゃないですか! これは先の展開が全く読めませんね。裕也くんは高森くんを相方にしようとしていますが、さて、どうなるのか……? 高森くんには既に角田先輩という運命の相手(爆)が居ますからね。続きが楽しみです! (ただ、自分の執筆経験から想像させていただくに、作者様は登山の最中に険路にさしかかったような気分になっておられるんじゃないかと……登場人物が増えて、エピソードが積み重なると、自分がそうなっちゃったので。無用な心配なら良いのですが) 無理をなさらないで、執筆してくださいね。自分は御作のファンなので、気長に追ってまいりますから。

返信(1)

ようこそ、しのぶちゃん、たくさん読んで下さってありがとうございます。
そうだったんだ、劇的だったんだ。すごく遠ざかってたんでちょっと忘れ気味でした。
高森は角田の嫁、bl路線まっしぐらを突き進んでたのに、なぜか裕也が現れ、変な横恋慕←違う、純粋に彼は相方として(恋愛ではない)要が欲しいだけなんです、のはずだ、なんちって。(*^。^*)そうですね、鋭いです。物語が苦手シーンになると筆がとまります。
頑張って続き書きます。励ましありがとうございます。