第一の怪異:龍神(前編)

文字数 1,479文字

 朽木堂(くちきどう)は語る。

朽木市(くちきし)の北東、ちょうど鬼門に当たる方角ですね。市のブロック分けで言うと、美香星区(みかぼしく)のあるところですが……その中のさらに北東に、()らず(やま)というのがそびえておりまして、この山には朽木の土地全体の鬼門封じとして、龍神(りゅうじん)さまをまつるための、神社が建てられているんですね」

 岬七瀬(みさき ななせ)は興味津々だ。

「へえ、そんなのがあったんだね。わたし、朔良区(さくらく)出身の都会人だし? ほかの区のことは、よく知らないんだよね~」

 彼女は朽木堂からもらったアイスをはみはみしている。

「で、その、龍神さまとやらがどうしたの?」

 板の間に片手をついている横顔を、この店主は目でなめた。

「はい、その龍神さまはね、その山を拠点として、朽木の地に魔が入り込まないよう、しっかりと見張っていたのですよ」

「ほえ~、やるじゃん、龍神さま。男? イケメン?」

 七瀬はアイスをむしゃむしゃした。

「市に伝わる文献によると、普段は若い人間の男性のかっこうをしていたんだとか。ただし、人間の世界と交流は持ってはならなかったらしく、ひとりでひっそりと、入らずの山に潜んでいたそうですよ」

 朽木堂はアイスティーをすすった。

「ふーん、なんだかさびしそう、龍神さま。せっかくイケメン? なのかもしれないのにさ」

「イケメンかどうかはともかく、事が起きたのは、そのあとなのでございますよ」

「なになに、どゆこと……?」

「あるときどこからか、大槌御前(おおづちごぜん)という邪悪な妖怪が、この山にやってきたのです」

「あ、それ、知ってる。おらが朽木の足もとに、朽木市に伝わる童歌。子どもの頃に習ったなあ。その、5番目、だっけ? 出てくるよね、大槌御前。知らせねば~って。どうなやつだったの?」

「はあ、(しかばね)のように色の白く、喪服のような着物をまとった美少女の姿をしているのですが、この正体というのが……巨大なヤマビルのあやかしでして……その大きな口で、相手が人間だろうが、木や草や花だろうが、たちどころにその生気を吸い尽くしてしまうのです」

「へえ、なんか、強そうだね」

「ええ、強いのなんのって。しかも、御前に生気を吸われたが最後、たちまち邪悪な気に当てられ、彼女の意のままに動く、人形となってしまうのです」

「わあ、すご。無敵じゃん、大槌御前。で、で?」

「土地を守る龍神さまは、その大槌御前に、戦いを挑んだのですね。しかし、御前は強すぎた。その戦いは、七日七晩にも渡ったんだとか」

「で、で、結果は……?」

「はい、さすがの龍神さまも、あまりの強さに、ついには敗北してしまったようです。なにせ、御前の邪気に当てられた者どもまでが、彼女の味方をするものですから」

「え~っ、そんなあ。龍神さま、負けちゃったの? ショック。イケメンなのに~」

「まあ、イケメンかどうかはともかく、そうなってしまったのですねえ。ところが……」

「ところが、なに? まさかのそのあと、龍神さまの大逆転とか?」

「んふふう」

「もう、じらさないでよ~、ヘンタイのおじさん。続きを早く教えなさい、教えてたもれ」

「ん~、暑くなってきましたねえ」

「反らすなよ、ヘンタイ」

「お茶がなくなってしまったので、新しいのを持ってきますね」

「ああ、知ってる。それって、昭和生まれのおっさんが使うテクニックでしょ? なんか興ざめ、がっくし」

「あははあ、あなたもじゅうぶん、昭和っぽいですよ~、七瀬さん」

「うるせえ、とっとと茶あ、持ってこいやあ」

「ほほほ、お待ちください、すぐに」

 朽木堂は番台の奥へとはけていった。

「……」

 このとき、同じ時間、同じ場所で、少なくとも二人の人間が、舌をペロリとなめたのだった――
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み