第二の怪異:がじんぼう(前編)

文字数 1,823文字

「で、ヘンタイのおじさん、次の怪異は? 教えてたもれ」

「すっかりヘンタイ呼ばわりですか、やれやれ」

「だってそうじゃん。自覚あるんでしょ?」

「う、まあ、ね……」

 岬七瀬(みさき ななせ)の強気に、朽木堂(くちきどう)は汗をぬぐった。

「第二の怪異は何なのよ?」

「それはですね、実はごくごく最近、起こった事件に関係しているのですが……」

「ほうほう、なになに?」

「消えたインフルエンサーというお話、ごぞんじですか?」

「あ、ひょっとして、ネットで話題になってたやつ? 朽木市のビジネス系チューバーのことだよね?」

「そうそう、それです。ひかきょんという女性ですねえ。生まれた環境に恵まれず、ろくな人生を歩んでこれなかった。しかし、30歳になったとき、その生活は一変、人気チューバーとして、テレビでも紹介されるインフルエンサーとなった」

「ひかきょん、突然消えちゃったもんね。事業に失敗して、失踪したなんていわれてるけど」

「流れからおわかりかもしれませんが、そこに第二の怪異がひそんでいるのですよ」

「なになに? 妖怪に始末されちゃったとか?」

「オチを言ってしまえばそうなのですが、そこにはひとつのストーリーがあるのです」

「気になる! 話を続けなさい!」

「はいはい」

 朽木堂はずずっとアイスティーをすすった。

「朽木市南部の二本松区、古来よりこの土地は、がじんぼうというオオカミの妖怪が支配していたのです」

「ほうほう、がじんぼうさんねえ」

「牙神坊と書くとも言われ、右目は赤、左目は青に爛々と光る、それそれは凶暴なあやかしなんだとか。その鋭い牙で、どんな者もたちどころにかみ殺してしまうそうです」

「オッドアイなんだ、なんか萌える。ケモナーなの? ケモナー」

「まあ、いまふうに言うなら、そうですかね」

「イケメンなの? イケメン」

「やっぱりそこは大事なんですね」

「あったりまえだのクラッカー。わたし、きゃぴきゃぴの女子だし?」

「ははは、七瀬さん、あなたはやはり、昭和っぽい」

「うるへー、ヘンタイ野郎。で、そのがじんぼう先生と、いなくなったひかきょんが、何の関係があるっていうの?」

「それはですね。実は、そのひかきょんさんは、がじんぼうに願をかけて、巨万の富を手に入れたのですよ」

「ほうほう、どういうこと?」

「アラサーになるというのに、ひかきょんこと氷川京子(ひかわ きょうこ)は、何をやってもうまくいかない状態だった。唯一の理解者であった夫とも、死別していましたんです。そこで思いつめて、朽木湾に面する崖から、まだ小さいひとり娘といっしょに、身を投げようとした」

「あらら……」

「しかし一匹のオオカミが、後ろからそっと語りかけてきた。クマほどもある巨体で、赤い右目と青い左目。がじんぼうですね」

「はあ……」

「がじんぼうは氷川にこう告げたのです。おまえの娘が16になったとき、俺の嫁によこすのなら、おまえに好きなだけいい思いをさせてやろう、とね」

「それって……」

「ええ、悪魔の誘惑ですね。果たして氷川は、その申し出を受けた。そして彼は、世間では知らない者のない有名人となり、巨万の富を得るにいたった」

「なんていうか、人間って、そういうのには勝てないんだね。なんだかなあ」

「七瀬さん、お気づきだと思いますが……」

「それがつまり、ひかきょん失踪の理由ってことだよね?」

「そのとおりです。彼女が消えたのはちょうど、彼女の娘が16歳になるその誕生日だったのです」

「ああ……」

「氷川の娘が16歳になる日、約束どおりがじんぼうは、娘を迎えに来たということなのです」

「で、秘密を知ってるひかきょん自身も、そのがじんぼうに始末されちゃったと?」

「う~ん、ここにもというか、ひとつのドラマがあったりするんですねえ」

「なにそれ? もったいぶるんじゃあないよ。早く教えれ」

「スイーツ、食べたくないですか?」

「話をそらすんじゃないよ!」

「こういうことは、休み休みですよ。コミュニケーションと同じでね?」

「うわ~、いまヘンなこと考えたでしょ?」

「さあ、うふふ~」

「たく、さっさと取ってきてよ。わたし、冷やしぜんざいね」

「チョイスがいちいち渋いですね。了解です。ちょっと、待っててくださいな」

 こうして朽木堂はまた奥の間へはけていった。

 岬七瀬は手をうちわにした。

「なんでそんなこと、あんたが知ってるんだろうねえ? まあ、わたしには、わかってるんだけどねえ……」

 日が少しずつ落ちてくる。

 真夏の太陽ですら、この異形の者どもに、戦慄しているかのようだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み