前狂言:朽木堂、現る

文字数 1,585文字

 夏も盛り。

 太陽はギラギラ、蝉はジリジリ、汗はダラダラ、アイスをはみはみ。

 補習帰りの岬七瀬(みさき ななせ)は、蒸れる制服もうっとうしく、昼下がりの商店街を、てくてくと歩いていた。

 東京都朽木市(くちきし)

 九つのブロックに分かれるその中心、朔良区(さくらく)

 黒帝高校(こくていこうこう)からの帰り道。

「岬、七瀬、さん?」

 男の声が、彼女の耳に届いた。

 振り向くと、そこには古ぼけた古書店が建っている。

 軒先には着物の男がニコニコとしていた。

 土色の着流し、藍色の羽織、数珠のような帯留めは斑の模様。

 前に手を組んで、七瀬のほうを見ている。

「やっぱりそうだ。いや、新聞で拝見したのです。黒帝バスケ部のエースでいらっしゃる。はは、これは光栄ですよ」

 年齢の割には若いトーンの声。

 七瀬は口からアイスを放した。

「おじさん、ヘンタイ?」

 中年男はむしろ、さらにニコッとした。

「しかり、わたしはヘンタイです。いな、男たる者、おしなべてヘンタイです。さもありなん、ヘンタイにあらずんば、男になしでございますよ? ふふっ」

 彼は手をスリスリとした。

「ふーん、だろうね」

 彼女はこの男のことを、ちょっと面白いと思った。

「ねえ、おじさん、何か、楽しい話、ない?」

 そう提案した。

「楽しい話ですか? そうですねえ、たとえば……あなたをかどわかして、わたしの人形に変えてしまう、とか、どうでしょう?」

 七瀬はアイスの棒をかじった。

「へえ、やるじゃん。欲しいの?」

 口角をつり上げすぎて、アイスの棒が悲鳴を上げている。

「もちろん、あなたほどの女性ならね……」

 男は袖で口もとを隠した。

「おじさんのするお話が、面白かったら、ね? それ次第かな。もし、本当にわたしがワクワクしたら、そのときは、楽しいこと、しよ?」

 男は袖のうしろのスケベ(づら)を隠し切れなかった。

「そうでございますか。ではでは、どうぞ、中へ。そちらではお暑いでしょう? 冷えたお茶など、出しますので」

「ヤバい薬とか、入れる気じゃない?」

「さあ?」

「ま、それも、楽しいかもね?」

「うふふ、素敵なお方だ、岬七瀬さん」

 こうして二人は連れ立って、古書店の中へと入っていった。

   *

 書籍自体は汚らしいものがほとんどだが、それらは本棚にピシッと整列して配置されていた。

 整理番号のシールもちゃんとついていて、目録もしっかりしている。

 店主の性格が如実にうかがえた。

「ひゃあ、キンキンに冷えてるねえ。でも、おじさん、毒はちゃんと入れたの?」

「さあ?」

「ふふっ、いいねえ」

 七瀬は上がりの板の間に腰かけ、アイスティーをすすっている。

 番台に座った着物の中年男は、ニヤニヤしながらその様子をながめていた。

「さ、おじさん、何を話してくれるの? しつこいけど、面白いやつじゃないとダメだからね?」

 彼女は体をすり寄せて、男に問いかけた。

 彼は内心、その光景にうなった。

「ここ、朽木市に伝わる、七つの怪異、それをごぞんじですか?」

「あ、そういえばなんか、そんなのがあるらしいね。どんなのかまでは、知らないけどさ」

「それをお話しようと思うのですよ、岬さん」

「七瀬、で、いいよ。あ、おじさん、名前は?」

朽木堂(くちきどう)、と、申します」

「ふうん、じゃ、朽木のおじさん、その、七つの怪異? っての、聞かせてよ」

「かしこまりました、七瀬さん」

「面白くないと、ないからね?」

 七瀬はますます、這うような姿勢を取る。

 男はごくり、生唾を飲んだ

「心得ておりますよ。必ずやあなたを、妖艶な官能の世界へとお連れいたしましょう」

「やっぱり、おじさん、ヘンタイだね?」

 彼女は白い顔に亀裂を入れる。

 男の心臓は高鳴った。

「左様で、ふふっ」

「ま、いいや。さ、話してよ」

「はい、さすればまずは、そう、龍神(りゅうじん)を助けた女性が、彼に見初(みそ)められるという怪異にございます」

「へえ、ワクワク」

 こうして朽木堂は、第一の怪異を、とくとくと語りはじめた――
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み