第一の怪異:龍神(後編)

文字数 1,789文字

 朽木堂(くちきどう)は続ける。

「で、大槌御前(おおづちごぜん)に敗北した龍神(りゅうじん)さまだったんですが……」

「どうなったの?」

 岬七瀬(みさき ななせ)は前のめりに顔を寄せた。

「ほうほうの(てい)で、村のはずれまで、たどり着いんですね」

「で、で?」

「そこにひとりの、娘が暮らしておりまして」

「うおっ、JK!? 美人だったの!?」

「美人だったそうですが、学校なんてない時代の話ですから、JKではありませんわな」

「ちぇ、違うんだ」

 彼女はアイスの棒をガジガジした。

「七瀬さん、いちいち(さえぎ)らないでもらえますか? 話しづらくてしかたがありませんよ」

「へ〜い。ったく、昭和生まれはちまちまうるさいなあ」

「だから、あなたもじゅうぶん……」

「うるせえ、続けろ」

 歯形のついた棒をのどもとに突きつけられ、朽木堂は委縮した。

「はい……」

 彼はアイスティーをすすって、心を落ち着かせた。

「龍神さまの力の源というのが、まあ、当たり前かもしれませんが、水なんですね。それで彼は、娘さんが手にたずさえていた、手桶(ておけ)の水を所望(しょもう)したのです」

「ほうほう」

「娘はその水を、そっとやさしく、龍神さまに飲ませてあげたそうです」

「おお、やるじゃん、当時のJK」

「すると龍神さまは、なんとか回復して、一命だけはとりとめたのです」

「愛ですな、うん、いつの時代も」

 七瀬は腕を組んで、頭を縦に振った。

「で、龍神さまは、娘にこんな提案を、持ちかけたのです」

「それは?」

「大槌御前を退治するためには、あなたの力が必要だ。わたしの子を産んでほしい、とね」

「え~っ!? 前代未聞のしこみます宣言じゃん! 龍神さま、大胆! そして、やりおる!」

「まあ、人間の感覚とは、違いますからねえ」

「で、しこんだ、と」

「はい、まあね……」

「で、で? その内容は?」

「あはは、そこまではさすがに、文献には書いてないですよ~」

「なんだってえ!? 一番大事なとこじゃん! 意外に性癖、ヤバかったりしてね、龍神さま!」

「それは、わかりませんが……とにかくその娘は、龍神さまの子を身ごもったのですね」

「がんばった、うん、がんばった……」

 彼女は(こぶし)を握って涙ぐんでいる。

「はは……そして、二人の間には、男女の双子が宿ったのです。兄妹(きょうだい)はすくすくと成長し、父親である龍神さまを、凌駕(りょうが)する力を持つことに成功したそうです」

「なんか、感動的。その双子も、きっとイケメンイケジョだったんだろうな~」

「双子は力を合わせ、仇敵(きゅうてき)である妖怪・大槌御前を……」

「倒したんだ!?」

「いえ、二人の力をもってしても、完全に倒すことはかなわなかったそうです。よほど強力なあやかしだったのですね、御前は」

「倒せなかったって、マジか……で、で?」

「倒せはしなかったものの、御前を()らず山の中にある、鳴滝(なるたき)という場所の洞窟に、封印することはできたそうです」

「鳴滝ね、ほうほう」

「で、その子孫はいまも、御前が戒めを解いてしまわないよう、人間の世界に溶け込んで、しっかりとこれを守っているということなんです。めでたし、めでたし」

「う~ん、なんか微妙な終わり方だな~。大槌御前はちゃんと倒してくれたほうが、すっきりする感じだね」

朽木九怪(くちききゅうかい)と呼ばれるあやかしたちのひとりですから。そんじょそこらの妖怪とは、強さが違うんですよ」

「ほへ、きゅうかい? なんだっけ、それ?」

「あなた、本当に朽木市民ですか? 朽木九区をかつて支配していた、九体の妖怪ですよ」

 七瀬は「何、それ?」という顔をした。

「異世界を支配するという謎の存在・魔王桜(まおうざくら)を神とあがめ、その親衛隊を統率していた連中ですよ。あとの八体は、え~と……」

「ああ、それ、いい。なんか長くなりそう。昭和生まれの話は、ただでさえ長いのにさ」

「え~、わたし、話したいですよ~」

「そうはいかんざき。そんな連中のことはどうでもいいから、次の怪異を教えなさい」

「そうですか? ちぇ~」

「大槌御前、まだピンピンしてそうだねえ……」

「え、なんですか?」

「いや、アイス切れちゃった。持ってきなさい」

「年上に命令口調とは、まあ……そして七瀬さん、やはりあなたも、昭和くさい」

「おだまり、けだまり、みずたまり」

「ああ、なんだか、疲れてきた……」

「早くしてね~」

「はいはい」

 こうしてまた、朽木堂は番台の奥へとはけていった。

「……実際に、ピンピンしてるしねえ……」

 怪異は果たして店主か、客か。

 それを知らざるは、すなわち人のみなのであった――
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み