第2話 魔王桜は朽木桜斎に命令を下す

エピソード文字数 1,749文字

 わたしが『化物(ばけもの)づくしの(はら)』に着いたとき、魔王桜(まおうざくら)御方様(おんかたさま)は、かなりイラついているようでした。

 その巨体(きょたい)は空を(おお)うように

、根は大地を、枝葉(えだは)は天を(つらぬ)くよう。
 雪よりも白い花びらが、なんとも美しく、それだけが救いですが、ああ、『(みき)』がね、『(おに)(かお)』になってますね。
 これは相当(そうとう)、お(いか)りのご様子(ようす)――

「遅かったな、


「ひい、ひいっ……これでも、ぶっ飛んできた、のですよ……」
「『朽木(くちき)』だけに、体力がないのか?」
「それは、面白(おもしろ)くな――」
「なんだと!?」
「ひいっ!」
「まったく、バカにはユーモアのセンスもないのか」

 バカはあんただろ?
 なにが『ユーモアのセンス』だ。
 覚えたての『横文字』を使ってみたいだけのクセして。
 かっこいいとでも思ってるのかな?
 ぷぷっ!

桜斎(おうさい)いいいいいっ」
「ひゃあーっ! まだ

んですか!?」

『作った』せいか、ずいぶんと生意気(なまいき)になってしまったな。やはり、もとの『朽木』に――」
「わあーっ! それだけはっ! それだけはどうか、お許しを!」
「ウソぴょーん」
「……は?」
「どうだ、最近、はやっているのだろう、これ?」
「……御方様、それは昭和という時代の話でして、もうかれこれ30年は前の――」
「ああん!?」
「ひいっ! ご無礼(ぶれい)(もう)()げましたあっ!」
「ふん、まあよい。ときに桜斎よ、今宵(こよい)、お前を呼び出したのは、ほかでもない」
「と、申しますと?」
「新しい『(うつわ)』が見つかったのだ」
「な、なんと……」
「これを見よ」

 わたしの前に映し出されたのは、畑でせっせと

()る、ひとりの『少年』の姿でした。

「この少年は、わたしの『養分(ようぶん)』を()()させる『道具』として、ちょうどよさそうなのだ」
「それはつまり、彼は常人(じょうじん)(くら)べ、大きな『(やみ)』をかかえているのですね?」
「そうだ。こいつは親に捨てられ、山の奥の、こんなちっぽけな『(かく)(ざと)』で、育てられたのだ。同じ境遇(きょうぐう)兄貴分(あにきぶん)といっしょに、『殺し屋』の手でな」
「ほう、それはなんとも」
「このガキはな、

、『毒虫』

などと考えて、苦しんでいるのだよ。『自己否定(じこひてい)』……人間の言葉では、そう言うらしいぞ」
「ほう、ほう。なるほど、『器』としてはもってこいですな。されば、御方様?」
「ああ。こいつに、『(みそぎ)』を(ほどこ)す」
「ふむ。そして彼を媒介(ばいかい)に、人間どもから、さらなる『養分』を吐き出させるわけですね?」
「そのとおりだ。人間どもが『アルトラ』と呼ぶ、異能(いのう)の力。それをこのガキに発動させる」
「ふふっ、面白くなってまいりましたなあ。して、この少年の名は?」
「ウツロ、『毒虫のウツロ』だ」
「ウツロ……」
「桜斎よ、この少年を監視(かんし)するのだ。見張(みは)れ! わが花びらも、まき()らすゆえ、手助(てだす)けとせよ!」
「おお、これは……」

 御方様がその巨体を(ふる)わすと、白い花びらが、空を()めつくすように()()がって、おやおや、雪が降っているようではございませんか。

 この花びらの、ひとひらひとひらが、御方様の『目』なのでございます。
 これを使って御方様は、『下界(げかい)』の様子を見るのですよ?

「お前もゆけ、桜斎っ!」
「ははあっ! すべては、魔王桜の御方様のために!」


 いよいよ面白い。
 早く行かなくては、その少年のところに――

 楽しみですね、


 あなには、そう、『地獄(じごく)』を見てもらいましょう。

 うふっ、うふふ――

(『第1章 毒虫(どくむし)少年(しょうねん)』へ続く)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み