きみの街から見える景色にぼくは色を付けたくないのです

[恋愛・ラブコメ]

2

1,691

0件のファンレター

地元大阪の高校を卒業してから五年……亮太は仕事の異動で東京に行ってしまった幼馴染みの遥を「帰りは家まで送るから」という条件で同窓会に誘う。しかし、遅刻を理由に同窓会を欠席した二人は──。

大阪⇒東京、一夜限りのドライブはその小さな空間の中ですれ違う二人の思いを乗せて走っていく──。

目次

完結 全3話

2024年05月05日 02:59 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

きみの街から見える景色にぼくは色を付けたくないのです

遠空ひかる  hikarukanata

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
幼馴染, ドライブ, 大阪, 東京, 恋愛, 純愛
総文字数
10,548文字
公開日
2022年10月21日 18:45
最終更新日
2024年05月05日 02:59
ファンレター数
0