夕刻の鐘

作者 唐乃 楓

[ファンタジー]

19

1,469

1件のファンレター

うちに宿を取っている、金持ちの若だんなと召し使いのふたり組。金払いがいいもんで上客には違いない。
「いいかいおまえたち、しっかりおもてなしするんだよ」
あたしは、店の若い衆に言って聞かせた。
「ありゃあ、ただのお金持ちじゃねえ。どこぞのお屋敷さまに違いねえべ」
亭主は言うけれど、あたしの目はごまかせないよ。身なりこそよくても顔はぱっとしないし、田舎臭さの抜けない〈おのぼりさん〉がいいところさ。
それはそうと、召し使いもこれまた冴えない男ときている。でも、こいつが不器用ながらによく働くやつでね。ちょいと仕込んでやればいっぱしの使用人になるかもしれない。
その召し使いは今日も、若だんなに叱られながら両手に籠を引っ提げてせわしなく出かけていく。

目次

完結 全1話

2023年10月04日 21:14 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

走り出してしまった‥

1話完結の短編だと、、くれぐれも自分に言い聞かせて読み始めました。 楓先生の作品らしい世界観はそのままに、 新しい登場人物たちが生き生きと活躍‥いや、走り回っているかのような躍動感、一気に読み切り、 あっという間にゴールしてしまいました。 続きはないのですね。。。 走り出してしまった気持ちが収まりません。 いつかいつか。。

返信(0)

小説情報

夕刻の鐘

唐乃 楓  nopos480808

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
【課題文学賞その七】, 貴種流離譚, 道楽&放蕩息子, 短編, 一人称視点, 父親は放任主義?, 駆けだしたくなる話, ショートショート, ファンタジー, 名君になろう
総文字数
2,000文字
公開日
2023年05月18日 21:21
最終更新日
2023年10月04日 21:14
ファンレター数
1