福田恆存、あるいは臨界感覚(2005)

[創作論・評論]

6

3,328

0件のファンレター

1950年代を代表する批評家福田恒存は保守派として知られています。けれども、彼は戦時下においてリベラル派でした。時代の流れに対して抗う姿勢はいずれでも共通しています。福田恒存の文体を模写した福田恒存論です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

福田恆存、あるいは臨界感覚(2005)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
6話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
福田恒存, 中村光夫, 藪の中, マクベス , 演戯, 演劇, 非平衡批評, 平衡感覚, 臨界
総文字数
17,777文字
公開日
2022年01月24日 09:51
最終更新日
2024年05月24日 21:33
ファンレター数
0