サムソンはいかにして女に髪を切られたか?

[歴史]

2

166

0件のファンレター

 ある日、ペリシテ人の町、ソレクはイスラエル人によって焼き討ちされた。
 ソレクの唯一の生き残りである醜い顔の少女奴隷・デリラは自らの町を滅ぼした張本人のイスラエルの英雄・サムソンの奴隷となる。サムソンは少年でありながら途方もなく長い髪を通じて、イスラエルの神から人間離れした怪力を受け取っている存在だった。
 イスラエルとペリシテ、男と女、貴族と奴隷。全てが違うサムソンとデリラだが、お互いの孤独な運命を知るうちにやがて心の底から惹かれあっていく。一方、冷酷なペリシテ人の知事・アビメレクは最強の英雄サムソンをどうにかして亡き者にしようと陰謀を巡らし……
 動乱の時代の中、哀れな少年と少女は運命の愛に身を任せ、やがて破滅に向かっていく。

 聖書の中でも有名な、『士師記』に書かれる「サムソンとデリラ」のエピソード。向かうところ敵なしの怪力の英雄も惚れた女の涙には勝てず、彼女に唯一の弱みをばらしてしまったがために身を滅ぼすという、俗っぽいながらも時代を超えた人間味は数々の人を魅了してきた。
 数々の芸術作品においてサムソンを破滅に追いやる女、デリラはいかにもファム・ファタール的な妖艶な美女で書かれるのが通例。上記のエピソードの流れを見ても、当然のことだろう。
 だが、聖書にはデリラが「美女」であったとは実は記述されていない。デリラはただ「女」とだけ書かれている。もしもデリラが、女性的魅力のない醜く幼い少女であったら?そして、英雄色を好む、を体現したかのように男に描かれがちなサムソンが、性に目覚めてもいない未熟な少年だったら?

 もしそうだとすればサムソンはいかにして、愛した女に髪を切られたか?

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

サムソンはいかにして女に髪を切られたか?

hinokiitosugi

執筆状況
完結
エピソード
15話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
聖書ラノベ3, 宗教, 聖書
総文字数
111,142文字
公開日
2022年09月17日 22:37
最終更新日
2022年09月25日 18:00
ファンレター数
0