健康講座②「お年寄りの非常識な行動」

作者 んだんだ

[健康・医療]

82

2,823

1件のファンレター

 昔はお爺さん、お婆さんたちのお年寄りは、総じて「いい人」のイメージがありました。
 ところが最近は、お年寄りの「如何なものか?」という行動が、ニュースやネットに氾濫しています。
 この背景には、加齢で理性的な判断を司る高次の脳機能の低下がありそうです。
 厚労省の発表では、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症を発症するそうです。犬も歩けば認知症に出会う、凄い世の中が来るのです。
 今回は、認知症についてのお話です。

目次

完結 全1話

2023年10月25日 07:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

認知症?

「自分の言動がどう見られるか」という判断ができない方(特に集団になった時のおばさまたち)は、認知症じゃなくてもたくさんいるのを百も御承知の上での、痛烈な皮肉として読ませて頂き、笑ってしまいました(女性の方、ごめんなさい)。

返信(2)

小説情報

健康講座②「お年寄りの非常識な行動」

んだんだ  yt3096

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
健康・医療
タグ
エッセイ, お年寄り, 「割り込み」「暴言」, 「逆走」「ひき逃げ」, 認知症, 高次脳機能, こだわり
総文字数
1,387文字
公開日
2023年10月10日 15:23
最終更新日
2023年10月25日 07:00
ファンレター数
1