あの樹は

作者 TamTam2021

[社会・思想]

7

325

1件のファンレター

新緑の季節になりました。生命の爆発のごとく萌えいずるように咲き乱れるこの季節の新緑は何と瑞々しいものでしょうか。葉の一つ一つが若い命で漲っているのが感じられます。この命の息吹を全身で受け止めたいものです。

目次

完結 全1話

2024年05月05日 10:04 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

漲る生命

そよぐ風に揺れる眩い新緑が目に浮かぶようです。青空に両手を大きく広げ、何処までも伸びようとする樹に漲る生命を感じました。写真や絵画では決して写しとることの出来ない美しきもの。心で感じ目に焼き付け、その薫りを胸一杯に吸い込む。そうすることで自らの内にも生命が漲って来るのだと思います。草花や樹に思いを寄せる詩人、星野富弘の詩画を思い出しました。「樹は自分で動き回ることが出来ない 神様に与えられたその場所で一生懸命生きようとしている…略…そんな樹を私は友達のように思っている」確かこのような詩があった ... 続きを見る

返信(0)

小説情報

あの樹は

TamTam2021

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩
総文字数
772文字
公開日
2024年05月04日 14:00
最終更新日
2024年05月05日 10:04
ファンレター数
1