ギミーシェルター

作者 TamTam2021

[社会・思想]

9

994

1件のファンレター

最近なぜか、ローリングストーンズのギミーシェルターという昔の曲のメロデイが頭の中で回り続けています。ミックのボーカルとそれに絡み合うような裏声のような叫びがしきりに脳裏でリフレインされるのです。「RAPE   MURDER・・・」いつも、いつも、そして今も世界中でリフレインされ続けている大量の虐殺と野蛮を前にただ手をこまねいているしかない自分。本当にこの世は修羅の世界だと実感します。この修羅の世界のどこかに果たして私だけのシェルターはあるのでしょうか。新たにファンレターさまの紹介と私のコメントも掲載しました。

目次

完結 全1話

2023年11月04日 16:13 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

平和という名のシェルターを

ローリングストーンズの「ギミーシェルター」を聴いてみました。ミックの歌声がとても切なく心に染みてきました。1969年にリリースした曲ですが、今の世界を写し出しているようで驚きました。何十年経っても世界のあちこちで争いが起き、荒れて救いようのない殺戮が繰り返されているのですね。この歌詞のように、ほんの一発の銃から始まり、シェルターはどこに逃げてもないのだと絶望的な気持ちになりました。日本は一見平和で、守られているように感じますが、本当はすぐ隣まで危険は迫っているのだとTamTam2021さんの、今 ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

ギミーシェルター

TamTam2021

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩
総文字数
1,065文字
公開日
2023年11月03日 15:47
最終更新日
2023年11月04日 16:13
ファンレター数
1