ダイソン球はタコ部屋から

作者 本宮晃樹

 はみ出し者の桐谷薫は文明圏に倦み、水星軌道上のタコ部屋にやってきた。そこでは地球とコロニーの電力需要をまかなうため、ミニチュアのダイソン球建設が進められていた。

目次

完結 全1話

2020年10月17日 23:27 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ダイソン球はタコ部屋から

本宮晃樹  1984sf

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
【2000字お仕事】
総文字数
1,993文字
公開日
2020年10月17日 20:26
最終更新日
2020年10月17日 23:27
ファンレター数
0