背番号16 大谷翔平と星飛雄馬

作者 TamTam2021

[ノンフィクション]

8

1,406

1件のファンレター

まだ、鳴りやみそうもありませんね。WBCでの日本の活躍に対する賛辞と興奮が。特に大谷翔平選手の驚異的な活躍とパフォーマンスに対して。優勝した時にマウンドに立っていた彼の背番号は16番でした。それを見たときにある想いが私をよぎりました。それは少年の頃に夢中になっていた「巨人の星」の主人公、星飛雄馬のことです。体が小さくてどんなに剛速球を投げても球質が軽いために打たれてしまう。そんな彼に当時やはりピッチャーをしていた私も大いに感情移入したものです。体格やパワーではどうしても大リーグには勝てない。それが常識でした。それから半世紀、日本の野球界にもついにこんな日がやってきました。星飛雄馬の背番号もやはり16でした。

目次

連載中 全1話

2023年04月23日 10:39 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

夢じゃない夢の到来。

今も興奮冷めやらぬWBCについて嬉しい詩を書いて下さってありがとうございます。背番号16。初めて気付きました。大谷選手の背番号だという認識しかありませんでしたが、偉大な川上さん、そして野球マンガのヒーロー、星飛雄馬もそうでしたね。星飛雄馬の物語は、もしもの世界のような遠い夢物語でした。ここ数年のWBCは、大リーグのスター選手が本気で闘う真の王者の決戦になっていました。しかしその王者達の中にあっても、決して臆することなく、力の限りを尽くす侍ジャパンの勇姿は感動的なものでした。大谷選手の最後の1人を ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

背番号16 大谷翔平と星飛雄馬

TamTam2021

執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ノンフィクション
タグ
エッセイ, 詩, ノンフィクション
総文字数
2,200文字
公開日
2023年03月26日 18:44
最終更新日
2023年04月23日 10:39
ファンレター数
1