「手遅れ医者」と「もう歳だから患者」

作者 んだんだ

[健康・医療]

88

2,734

1件のファンレター

 「手遅れ医者」という落語小咄があります。結果を全て「手遅れ」のせいにする医者です。
 一方医療の現場では、受けたくない検査や治療を「もう歳だから」と高齢を理由に辞退してしまう患者さんがいます。
 この「もう歳だから患者」が、診療の結果を「患者の同意が得られなかったから」を言い訳にする「手遅れ医者」気質の医師に掛かるとどうなるでしょうか?
 医療の最前線での経験を提示します。皆さん、一緒に考えましょう。

目次

完結 全1話

2021年11月04日 06:54 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

あ!

いずれの先生も存じております。懐かしさもあり、あの頃を思い出しました。入職して最初の配属先でしたので、ついていくのに必死だった事を思い出します。こういった症例に対しては様々なコメントが来そうですね。病状面談に入る事がありますが、「もう歳だから・・・」というセリフ聞きますね。心の中で・・・じゃあ、そのまま治療しなかったら本人が苦しむのに・・・その事は果たして家族は理解しているのかな???と。ただ私の立場的には医師と家族、本人とで話し合いをして結論が出れば、それを尊重せざるを得ません。答えを導き出す ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

「手遅れ医者」と「もう歳だから患者」

んだんだ  yt3096

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
健康・医療
タグ
エッセイ, 手遅れ医者, 患者の同意, 言い訳, 糖尿病性足壊疽, 下腿切断, 下肢バイパス手術, 救肢, 三途の川
総文字数
1,427文字
公開日
2021年10月19日 17:57
最終更新日
2021年11月04日 06:54
ファンレター数
1