そのとき男子は耳を象にする

作者 宮島荘永

[学園・青春]

6

382

0件のファンレター

修学旅行の最中、施設から施設へ移動するバスの車内で、“私”達女子8人で、暇つぶしがてらにしりとりを始めた。でも、ただしりとりをしただけじゃつまらない。使える言葉は、昨日の道中で見た物事に限定し、さらに罰ゲームとして、ミスった人は好きな人の名前をイニシャルで答えるというルールにした。するとバス内の男子ほぼ全員が聞き耳を立てているのが、手に取るように分かった。そりゃそうよね、8人の中にはクラスで一番美人の子がいるのだから。

目次

完結 全1話

2023年05月16日 07:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

そのとき男子は耳を象にする

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
【三題噺その七】, カメラ, 鈍感, ユートピア, 修学旅行, 好きな子を言い合う, 罰ゲーム
総文字数
1,840文字
公開日
2023年05月15日 21:02
最終更新日
2023年05月16日 07:00
ファンレター数
0