樹木医のお弟子さん

[ファンタジー]

3

288

0件のファンレター

弱った木には「白いもの」が集まる。
小学六年生女子の樹里はクラスメイトの総士が、大人と言い争っているところに出くわしたうえ、倒木に巻き込まれることで白いものを見てしまう。
「白いもの」は「白く悪いもの」に変わることがある。そして、白いものが散る様は美しいことを知った樹里は、口下手な総士が「樹木医」として、弱った木と白いものを診ることができるように、樹里は特技の口の上手さを披露することにした。
中学受験をする者としない者が交じる小学六年生の秋、超常のものと樹木医と、将来を少女は考えることにした。

目次

完結 全2話

2021年09月23日 22:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

樹木医のお弟子さん

小早敷彰良  kobayak

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
青い鳥プロット大賞, プロット, バディもの, 現代ファンタジー, お仕事, 樹木医, 自然, 小学生主人公
総文字数
1,767文字
公開日
2021年09月23日 21:47
最終更新日
2021年09月23日 22:00
ファンレター数
0