作品数17
総合評価数455
総合PV数25,355

作者ブックマーク

川勢 七輝さんのプロフィール

SF、ホラー、ギャグ などを書きます。
宜しくお願いします。

Twitterやっております。https://twitter.com/kokoamokora

川勢 七輝さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    匠くんが来てくれる

    ホラー

    • 32

    • 787

    • 4

  • 一般小説

    羽を解する鳥は、それでも空を目指すのか。

    ファンタジー

    • 21

    • 506

    • 0

  • 一般小説

    「好き」の次をキミと見たくて

    恋愛・ラブコメ

    • 44

    • 1,767

    • 1

  • 一般小説

    楽器などいらん!なんか感じ取ってくれ(頼む)!

    その他

    • 21

    • 736

    • 2

  • 一般小説

    キミと時間の刺繍を読み解くために

    SF

    • 28

    • 927

    • 2

  • 一般小説

    お猫様の言う通り

    ミステリー

    • 21

    • 631

    • 2

  • 一般小説

    短編小説おせち

    その他

    • 27

    • 1,100

    • 3

  • 一般小説

    日常的な永久循環型ENGINE

    その他

    • 31

    • 3,353

    • 6

  • 一般小説

    うさぎの目を旅する

    現代ドラマ・社会派

    • 27

    • 2,939

    • 4

  • 一般小説

    雨の日のゼラニウム

    現代ドラマ・社会派

    • 35

    • 1,858

    • 3

川勢 七輝さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 九ちゃん

    そう、完全に使いこなしているよね(笑)そしてそのスタンド名(笑)かっこいい(笑)

  • 匠君は、

    主人公の彼女にとって、死神なのかそれとも救世主なのか。どちらにせよ、主人公の「匠君を使いこなしてる感」がすごい。もはやスタンド。スタンド名「クロウ・イン・ザ・プール!!」この力で、主人公の彼女はいったい何人の……。

  • ありがとうございます

    もしかして人は自分の恐ろしさに気付けない、そこが一番の恐怖かなと思いました。

  • 彼は。

    彼は自分の正体を気づかせてくれる存在かもしれませんね…。

  • できるだけそのままの言葉で

    著者の透徹した眼差しは、ヘーゲル的な世界をアウフヘーベンし、以て観念論的な間主観性のもとで、複雑系の帰結を内省している。単なるストイシズムからの脱却と解体は、あまねく環世界に光をもたらし、ア・プリオリな内在的価値という二律背反をエポケーする。ただ問題なのは、書いている僕自身が、何を言っているのか全く分からないということだ。 だがしかし、それでいい!!(よくない!!)

  • 彼らの進む先は。

    彼らが生み出す作品は、人によってはかけがえのない思い出になり、ある人には意味を持たないものになる気がします。作品の捉え方はそれぞれですね。

  • これは……涙?

    七さんの純愛ラブストーリー、しかと読ませていただきました。とても素敵な作品でした。一方で、どこかしら気恥ずかしさも覚えました。それだけ僕が年を取った証拠でしょうか。読み終わった後、ひとすじの涙が頬を伝いました。涙?これは何の涙だろう。不思議に思っていた僕ですが、気が付くと拳を握りしめて下唇を噛みしめていたので、きっと悔し涙でしょう。こんな、こんな学生時代……!チケットっていっても立ち食いそば屋のチケット(食券)くらいしか……!輝石と音花の二人をメインに持ってくるあたり、微笑ましさを感じます。これ ... 続きを見る

  • SFラブストーリー

    DNAの塩基配列は、A・G・T・Cの4種類だと思っていましたが、どうやら彼らの場合はL・O・V・Eの4種類のようですね。それを踏まえたうえで、僕の遺伝子がこう叫んでいます。リア充、地球の歴史ごと爆発しろ、と。

  • 美しい。

    記憶は消えても気持ちは消えませんね。みずみずしい余韻が読後に残りました。

  • とんでもないオリジナリティ(笑)

    設定も展開も「予想外」だったけど、面白さは「ラプラスの悪魔」でした!(なんのこっちゃ) 選出おめでとうございます! (なお、僕は七さんのもっととんでもない作品を読んだことがある(笑))