作品数8
総合評価数6,764
総合PV数184,417

作者ブックマーク

市杵紗江さんのプロフィール

いちき・さえ
陶隆房様命の歴史に詳しくはない変な歴女。
なろう&カクヨム等で駄作書いていました。
が、ユーザー間トラブルでぶっ壊れ、アカウントと作品を全削除。
現状ここだけで、ひっそりと隠れ潜み中。
アイコンは「おきらく」さん。
Twitterはフォロワーさん全員読めなくなるので非公開です。ご用の方は個別に連絡下さい。

※https://suoyamaguchi-palace.com/(自サイト)がメインとなります※


市杵紗江さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    秋風清々

    歴史

    • 5,719

    • 108,327

    • 23

  • 一般小説

    捏造大名家の野望~改編中~

    歴史

    • 544

    • 47,608

    • 6

  • チャット

    澪と尚順の室町談義~『秋風清々』裏話~

    歴史

    • 70

    • 1,822

    • 1

  • 一般小説

    陶様&千寿のイラスト集

    その他

    • 54

    • 3,520

    • 2

  • 一般小説

    女守護誕生!? 異説大寧寺の変

    歴史

    • 128

    • 10,042

    • 4

  • チャット

    千寿の防長盛衰記~ラノベ・チャット式馬鹿でもわかる大内家の歴史~

    歴史

    • 103

    • 3,678

    • 11

  • 一般小説

    弑逆の悪~真説大寧寺の変~

    歴史

    • 75

    • 4,394

    • 0

  • 一般小説

    駄文倉庫

    その他

    • 71

    • 5,026

    • 1

市杵紗江さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 「出奔・下」まで拝読。

    武護の出奔! ああ、ついにこの時が……(涙)。

  • 「最後の日々」まで拝読

    新介と武護が互いに思い合っていながらすれ違っていくのを見るのは、辛いですね。そこが歴史ドラマの醍醐味ではありますけど。

  • 「悩める「英主」・下」まで拝読

     赤松再興軍に関する話のアレコレ……とても面白かったです! 「赤松」といえば、南北朝時代の赤松円心のイメージしかなかった……いえ、室町時代の重要イベントにちょくちょく顔を出すことは知っていたんですけど、あんまり意識していなくて……御作のおかげで、点と点が繋がって線になりました。歴史は楽しいですね!

  • 「京での主従・下」まで拝読

    配下と気軽に相撲も取れない、若子様……(泣)。やはり時代が時代ですから、身分の壁は大きいですよね。その分だけ、より一層、新介と武護の友情が貴重なものに思えます。

  • 「嫁入り・下」まで拝読

    室町時代における幕府と有力守護大名の関係が分かりやすく解説されていて助かります。 あと新介と珠の兄妹仲に、ホンワカしてしまいました。

  • ほっこり

    気の休まるイラストですね。 動きも感じて良い雰囲気。

  • 「不吉な予感・下」まで拝読

     将軍の義材や細川政元の登場で、本作が、応仁の乱で主役だった人たちの次の世代が活躍する物語なんだな~……との思いを強くしました。戦国の幕開けに於いて天下に王手を掛けた2人、大内義興と細川政元が正面からぶつかる歴史も見てみたかった気がします。

  • 「蠢動・下」まで拝読

     応仁の乱勃発以後の政治情勢が分かりやすく解説されていて、面白いです。実際、ここまで乱脈を極めた室町幕府の体制を一時的にではあっても束ねてみせたのが大内義興様なんですよね。彼はやっぱり、一代の英雄だなぁ……何故、大河ドラマで取り上げられないのか(涙)?  そして、夢見る行き遅れ(笑)の少女、篠ちゃん。本当に少女漫画の主人公みたいですね。

  • 優しいですね

    あなたのお人柄が文章にも出ています。とても。優しい人なんですね。( ̄ー+ ̄)キラリ

  • 「緑髪将軍」まで拝読

     互いを大事にしながらも、思いがすれ違っていく義興と武護の関係が切ないですね……。  そして足利義尚……個人的にはけっこう気になる歴史上の人物です。彼が長命していれば、室町幕府、ひいては日本の歴史も変わっていたかも、とか考えちゃいます。